■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。 Gポイント

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

ポール日本公演〜アウト・ゼアー ジャパン・ツアー


 平成25年11月18日(月)、開演2時間前に東京ドーム前で入場者の列に並ぶ。私と同年代の人が圧倒的に多いが、中には若いカップルや子供連れの人達も。東京公演1日目の状況クリック


 ブラックスーツを着た男女のスタッフが、席まで案内してくれる。会場設営・運営も素晴らしい。私はアリーナ席の右側B14ブロックで比較的前方だ。チケットを取ってくれたI君に感謝。携帯、スマホでの写真撮影はOK!ポールの計らいと聞いた。


 開演時刻の19時になるが、ステージ上は誰も出てこない。待つこと10分、遂に、遂にあのポールマッカートニーが登場!手には当然ながらヘフナーのベース。オープニングは「エイトデイズ・ア・ウイーク」だ。会場の興奮は最高潮に・・・。あれっ、何故か目に水分が、肌は鳥のようにボツボツに・・・。
 


 その後はもうあまりよく覚えていない。翌日のテレビでは39曲と言っていたが37曲らしい。観客はオールスタンディング。体を揺さぶりリズムをとりながら、ポールと一緒に大声で歌いまくる。バラードではどんな小さな音も聞き逃さないように静寂に包まれる。観客とポールが一体となった最高のコンサートだ。

 舞台演出も凄い。「死ぬのは奴らだ」では爆音と炎で大迫力。よくあれだけ火薬を使えたものだ。「ヘイジュード」の大合唱で一応は終了。アンコールには、日の丸とユニオンジャックを振って登場、「イエスタディ」をギター1本で奏でる。本当の最後は「Golden Slumbers」からのメドレーでおしまい。バンドはもちろん音響・照明・映像・効果のすべてにおいて世界最高峰のステージだった。ポールは71歳、3時間歌いっぱなし。キーも当時のものから下げていないとか。化け物ミュージシャンだ。

 私の前席は30代の両親と男子小学生2人の4人家族。下の子は小学一年生だがチケット代は大人と同じ16,500円。父親は子供を強く抱きしめて曲に合わせる。母親は横で踊りまくる(笑)。こういう家族がいることに感激。音楽の持つ「凄さ」に身を震わせた時間だった。

 ポールに憧れ、ヘフナーの左用ベースを買った市の職員がいる。Mさん、演奏は出来るようになっただろうか?
 ポールに、そしてビートルズに乾杯!



 

| 音楽関係 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビートルズが大好きな人、全員集合!


 8/18(日)、今年で11回目(たぶん?)の恒例行事。札幌キャバーン倶楽部バンドが今年も駆けつける。

 当日は高島の花火や北運河フェスなどがあり、忙しい1日だ。ビートルズファンはこちらが必見!

 17:00開演、ビールはじめ各種アルコールが飲み放題。豪華景品も当たる。前売り券の予約は「音楽de街おこし隊」の横田隊長まで(090-3111-5093)。


 
| 音楽関係 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドン・ウィルソン健在なり



 8/9の読売新聞朝刊のコラム「顔」欄に、ベンチャーズのギタリスト、ドンさんの記事が!何と79歳だそうだ。日本での公演は2,600回とのこと。エレキの伝道師は「楽しいから続けられるんだよ」と微笑んだ。高倉健さんの80歳で映画出演ニュースにも驚いたが、我々若者(?)も頑張らねば!

 中学生の頃、初めて買ったレコードは「ダイヤモンドヘッド」。中古のぼろギターで見よう見まねのテケテケサウンド。モズライト(ギター)に憧れたが未だ買えてない(涙)。

 初期メンバーのメル・テイラーとボブ・ボーグルが他界し、ノーキー・エドワーズもベンチャーズを離れている。いつまでテケテケサウンドが聞けるかわからないが「頑張れドンさん!」



| 音楽関係 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
札響ニューイヤーコンサート、野瀬氏がピアノ共演


 毎年恒例のコンサート、団体の総会等を除くと興行関係で年に一度市民会館が満員になる行事だ。前から3列目の好位置?



 今年の目玉は小樽出身のピアニスト野瀬栄進氏のピアノ演奏。ガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーを感情豊かに弾きまくる。指揮者の高関健氏、コンサートマスターの大平まゆみ氏の才能も光った。最後は「美しく青きドナウ」で締めくくった。

 2/4発売のCDを購入し野瀬氏にサインをしてもらった。聴きながらこの記事を書いている。3月まで日本にいるとのこと、小樽での再演奏を期待する。


 
| 音楽関係 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小樽のプレスリー・追悼コンサート

   ↑ 中央が主催者代表・中沖氏。右は山田氏の長男・雅喜くん

  12/18、運河プラザ三番庫で開催。8月に急逝した山田章夫氏を偲んで、氏がリーダーでボーカルを務めたバンド「EVIL SPIRITS」のメンバーや関係者が企画した。

 我が「音楽de街おこし隊」も微力ながら協賛、当日は招待券で入場させていただいた(笑)。市内の協力バンド3バンドが共演した後、従来のメンバーが演奏。かつての山田ボーカルを彷彿させる演奏で会場を沸かした。

 私の後援会集会でも何度も演奏してくれた。メインテーブルの山田前市長の前で大きく腰を振りながらビートのきいたエルヴィスナンバーを披露してくれた姿が目に浮かぶ。もう10年も前になるだろうか、マリンホールで「熟年バンド競演」を企画した時にはこのバンドのバックでサザンを歌わせてもらったこともある。

 今回の企画の代表である中沖氏(ギター)がこのバンドを引き継いでくれるだろう。でもメンバーは殆どが60代!おじさんバンドの頂点を見せて欲しい。


  在りし日の山田プレスリー。どことなく顔も似ている(似せてる?)


  左はご子息、雅喜君。中央の謎の美女(?)は「せい子」さん。


  サブボーカルの矢木氏と一緒に・・・さすが10年前!横田、まだ若い(笑)





| 音楽関係 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
♪ ビートルズをクラシックで ♪

 



 9/10は「1966カルテット」のコンサートへ。ビートルズが来日した年をグループ名にしたこのカルテットはご覧のように女性4人で編成(手前にピアノがいます)。

 演目はすべてビートルズの曲。電気を使わないアン・プラグドで聴くのもまた楽しからずや!

 このコンサートは高嶋弘之氏(写真下)がプロデュースしたもので、インターバルには氏のトークが!何といってもホテルオークラの一室でビートルズ4人と歓談・取材した氏の話は迫力がある。同行していたのが加山雄三さんというのも凄い!



 コンサートの最後に高嶋氏に質問してくださいとの主催者からのリクエスト。突然で戸惑ったが「高嶋さんは4人のうち誰のファンですか?」と単純明快な質問(笑)。氏はレノン・マッカトニーと答えたが、私は聞かれもしないのに「私はジョージが大好きです」と持論を述べた。

 ビートルズよ永遠なれ!

高嶋弘之(たかしま ひろゆき、1934年 - )
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 日本の音楽ディレクター・プロデューサー。神戸市出身。早稲田大学文学部卒業。現在は高嶋音楽事務所代表。ショパン協会国際連盟理事。一般には「ビートルズの日本での仕掛人」として有名。


| 音楽関係 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジャズに耳を傾ける〜野瀬栄進
 

 8/31、市内のジャズ喫茶「グルービー」でニューヨーク在住のジャズピアニスト、野瀬栄進さんのコンサートが!議会事務局のS職員とばったり、隣に座らせてもらったが常連とのことでなかなかのジャズ通だ。

 受付に知人の女性がいたので「あれっジャズお好きなんですか?」と聞いたところ「店主の妻です」との返答!そういえばマスターと同じ姓でした(笑)。

 ドラム・パーカッションの武井さんとのナイスコンビネーション。ビールとアーリータイムスに心地よく酔いながらの楽しいひと時だった。全国ツアー中だが9/27にも再度、同店でジャズるとのこと、今回見逃した方は如何?
| 音楽関係 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビートルズ&ベンチャーズ!


 「ビールを飲みながらビートルズを聴こう」が終了した。雨模様だったがBファンはそんなことには関係なく、飲みまくり踊りまくった。キャバーンクラブバンドのリーダー緒方命二さん(中央:ギター)はラメ入りのお洒落なスーツ。ジョン役の阿部さん(なぜかアベリック・ハリソンの異名)は懐かしの黒襟スーツ。お得意のサウンドで観客を酔わせる。



 インターバルは謎のバンド?「ずんちゃあべ」。リードギター坂本、ドラム風間、サイドギター外園、ベース越智の面々。最高のテクニックとバランスでベンチャーズ12曲を披露、やんやの喝さいを浴びた。私も1曲歌わせてもらったが「練習不足!」の掛け声あり(笑)。

 東日本大震災への募金も沢山頂戴し、やれること実行委員会へ。近日中にススキノのキャバーンクラブ(南5西2・サイバーシティビル4F)へのバスツアーを企画することを急きょ決定して終了した。暑い夏の1日でした。


| 音楽関係 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ビールを飲みながらビートルズを聴こう!



 今度の日曜日、8/14に毎年恒例の標記パーティを開催する。私が「音楽de街おこし隊」の隊長となって早12年、年々盛り上がっている(自画自賛〜笑)

 札幌に住んでいた時、よく聴きに行ったキャバーンクラブ…。この音を小樽のファンにも聴いてもらいたくて始めたパーティーだ。ビートルズ・リアルタイム世代の皆さんには好評だ。お盆の真っ最中!時期をずらせとの厳しい声にも負けず(笑)ご参加をお待ちしている。

 チケットはニュー三幸か横田までお電話を:090-3111-5093

◆と き:平成23年8月14日(日) 17:00〜
◆ところ:小樽市稲穂1丁目 サンモール一番街 ニュー三幸4F
◆料金:3,000円(当日3,500円)
◆参加バンド:札幌キャバーンクラブバンド・ずんちゃあべ
◆その他:生ビールなど飲み放題。軽飲食あり。
       ホテルペア宿泊券・Tシャツが当たる抽選会


| 音楽関係 | 07:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
小樽出身ジャズピアニスト〜野瀬栄進さん

 7/1、全道商工会議所大会&懇親会が小樽で開催された。懇親会のアトラクションはピアノ演奏!小樽出身でニューヨークで活躍中の野瀬氏が演奏。彼は天神町生まれの40歳だ。

 野瀬栄進HP→クリック



 気軽に話してくれて写真も撮ってくれたが、帰ってからネットで確認すると何と凄いミュージシャンだった!。7/24にはキタラで札幌交響楽団と共演だとか、ぜひ見てみたいものだ。



 

| 音楽関係 | 09:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |