■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

3年ぶりの「新春の集い」を開催(横田ひさとし後援会主催)
 明日(3/1)、17時からニュー三幸で「新春の集い」を開催する。
参加費は3,000円で飲み放題(笑)。どなたでも参加できるのでご都合のよい方はどうぞ!

 平成23年に私の母が、24年に妻の母が亡くなったので、こうした会を控えていたが、選挙モードに突入した今、支援者の皆さんと交流し、立候補予定の決意を示す趣旨で開催する。

 先日の立候補予定者説明会には30陣営が参加した。今回の選挙から定数25人となるので厳しい闘いとなる。前回票を少しでも上積みできればと思っている。

 ↓後援会入会案内パンフレット(クリックでPDFファイルが開きます)。






 
| 議員活動 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
年賀状代わりの活動報告〜只今作成中 m(__)m
 年賀状を頂いた皆さん、有難うございました。

 昨年は小樽市以外の方への年賀状はそれなりの日に書けた(毎年、正月明けです)。市内の方(有権者)へは年賀状を出せないので↑のような葉書を作成し、現在、表(おもて)面の一言を書いているところだ。

 早いもので明日はもう新年交礼会。一日一日を大事にしないとあっという間に選挙の月になる。日々研鑽!

 
| 議員活動 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
年初から大雪、今年も除雪補正予算が・・・。


 ↑我が家オリジナルの「積雪観測計」(笑)。この時期では例年より相当多い(1/3の積雪深〜95cm)。

 平成26年の除雪当初予算は、昨年の7,750万円増の10.26億円。昨年は9.48億だったが2.7億を追加補正し、最終的には15.68億円となった。

 1月2日現在の累積降雪量は296cmと昨年の138%になっている。このペースでいくと今年も補正が必要だろう。降雪が少ないことを願うばかりだ。



 
| 議員活動 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日、議事堂コンサート。ピアノ搬送に議員、事務局が大奮闘!
       ↓北海道新聞 7/3付 小樽市内版  

 議事堂初の「JAZZコンサート」が明日(7月7日)七夕に開催される。お昼休みにお時間のある方はどうぞお越しを。



 
 議事堂にはピアノがない(普通はない〜笑)ため、閉校になった「祝津小学校」で出番を待っている(?)音楽室のピアノをお借りすることとなった。問題はどう搬送するかだ。専門業者に頼めば数万円〜10数万円もかかるというので、議員と事務局の若手(私は若手?)でやることになった。



 もちろんピアノ運びのノウハウなんてものは無いので頭を抱えていたが、市内の調律師のS氏が議事堂コンサートに共感してくれて、搬送の手伝いを引き受けてくれた。軽四のトラックに積めるというので、友人から借用し私が運転!

 ピアノは鍵盤や蓋、足が外され7〜8人がかりで車両へ。昔取った杵柄(トラック運転手でした)でロープをかける。無事市役所到着。私は蓋を運ぶためにもう一度祝津小へ。その間、3階の議事堂へあげる部隊は大苦戦!写真を参照あれ。










 
 無事、議席前に鎮座したピアノは明日の音出しを待っている。眠っていたピアノがこうして使われるというのも今回の企画があったからこそ。ピアノも一流プレイヤーに弾かれるのを喜んでいることだろう。コンサート終了後は桜町中学校で第二の人生(?)を迎えることが決まっている。

 たくさんの皆さんにJAZZを堪能して頂きたい。

 
| 議員活動 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
望洋台小学校、30回目の卒業式〜国旗をステージ正面に掲揚


 次女が卒業した同校は昭和59年に開校し、昨年30周年記念行事が行われた。私は平成元年に札幌から望洋台に転入したので、次女は3年生で望小生となった。ちなみに長女は中学生だったが、望洋台中学校がまだ建設されいなかったので桜町中学へ2年生で入学し翌年、望中の完成とともに転校した。1年ごとに中学を3回経験したことになる。

 今年の卒業式は、写真のように国旗と市旗をステージ正面に掲揚していた。これまでは壇上に三脚で掲揚していたが、仲倉校長先生の強い学校運営姿勢によって、正面掲揚が実現した。他校でもこれを範として頂きたいものだ。



 国歌も児童・保護者とも大きな声で斉唱していた。議員になった頃、来賓と校長・教頭のみが起立して歌い、それ以外の児童・教師・保護者は座ったままで一切声を出さなかった状況を思い出し、隔世の感を禁じ得なかった。

 校歌は初代校長先生の大道恒雄氏が作曲、作詞は合羽井猛氏だ。大道氏は30周年記念式典で講演し、歌詞中の「信じてかよう君とぼく」「望み励ます君とぼく」「心で語る君とぼく」の3節に思いを込めて作曲したと話された。

 4月7日、入学式に孫の柊瑛くんがさっそうと登場する。果たして最後まで行儀よくしていられるだろうか?


 
| 議員活動 | 10:40 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
代表質問、新聞報道が様変わり!

◎北海道新聞6/18朝刊(小樽市内板)
 

北海道新聞6/19朝刊(小樽市内板)


 北海道新聞は、市議会の開催状況や議論の内容などを詳報してくれていたが、この6月定例会からその取り上げ方が上記のように様変わりし、より市民に分かりやすい内容となった。

 6/17、18の両日、会派代表質問が行われたが初めて質問中の議員の写真が挿入され、その質疑・答弁の内容が掲載された。

 道新における代表質問の顔写真掲載は、平成14年6月定例会まで撮り貯めていた写真が質問概要とともに掲載されていたが、それ以降は記事のみの取り扱いとなっていた。

 ↓ちなみにこれまでの掲載状況(H25/3/5、北海道新聞朝刊)


 どの議員がどんな質問をしたかなど議会の様子が市民の皆さんに分かりやすく伝えられ、より関心を持ってもらうことは重要だ。道新の幹部の方に顔写真掲載の復活を要望していた。社内事情や紙面の問題もあり難しいかなと思っていたが、関係者のご努力で実現することとなった。率直に嬉しい。

 道新は今「議会改革取材班」を組み「ウオッチ小樽市議会」の見出しで議会の現状を取材、報道している。辛口も多いが、一定の評価も頂いている。道新指摘の通り市民に対して議会側の「見せる努力」が必要なこともそのとおりだ。

 今定例会から代表質問の一問一答式を採用した。これも分かり易い議会改革の一端だ。さらに議会への関心を持ってもらうために、我々の力が試されている。
| 議員活動 | 04:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小樽市議会「市民と語る会」〜初日



 5/15、いなきたコミュニティセンター。市民43人、その他議員、プレス、関係者など75名が参加した。

 私は今回の「語る会」の趣旨を「議会の活動をもっと市民の皆さんに知ってもらいたい。そのために、議会側が街に出て皆さんの意見・要望を直接お聞きし、それを政策提言に活かしたい」と説明。

 前半は各委員会から3月議会での議論の内容を報告し、それに対する質問を受ける。後半は議会全般に対する意見、要望、注文をお聞きする。


 参加者からは以下のような意見が出された。

Q〜議員には本会議のどのくらい前から議案が知らされるのか?
A〜本会議のおおよそ2週間ほど前に議員に対する議案説明が行われる。

Q〜資料が不十分なのに早口で報告されても何を質問していいか困る。
A〜わかりやすい説明に心掛ける。

Q〜市民プールの建設延期については総合計画との整合性が取れない。
A〜方針変更には我々も戸惑った。早期に建設できるよう議論する。

Q〜新市立病院の診療科に産科がないがぜひ増やすように議論してほしい。
A〜協会病院が周産期医療の拠点病院となっている。市立病院では難しい

Q〜美術館、図書館は指定管理者に運営させ休館日を少なくしては。
A〜今後の課題として持ち帰る。

Q〜学力向上など教育問題に特化した特別委員会を設置することは可か。
A〜特別委の設置は通常、改選後に行われる。任期途中では難しい。

Q〜市内で盲導犬の入店を断られることがある。善処を。
A〜関係部局と調査、研究したい。

Q〜このような会は大いにやるべき。市民の陳情は会派を超えて採択して。
A〜語る会は今後も続けたい。陳情、意見書は真剣に議論している。

 今日は第二弾を18:30から望洋台コミュニティセンターWingで。
多くの方のご来場をお願いする。






| 議員活動 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初の取り組み〜小樽市議会「市民と語る会」


 市民の間では「議会の仕組みが分からない」「直近の議会で何が問題になり何を議論したのか不明だ」などの声がよく聞かれる。

 またこれまで議会として、「多様な市民の多様な意見」をどの様に把握していただろうか。直接、議員個人が支援者や住民と接触して情報・意見を吸い上げるか、或いは政党・会派等を窓口にして意見・要望が寄せられるのを待つ姿勢ではなかっただろうか。

 今回はこうした声に応える為に、「議会」が街へ出て行き議会の報告をし、それに対して質問を受け、議会に対する意見を直接、市民の皆さんから伺う「市民と語る会」を実施することとした。上記の5/15、5/16に多くの皆さんが参加され、議会に対する理解を深めて頂きたいと願う。お待ちしています。


 

| 議員活動 | 14:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
相変わらずの北教組〜朝鮮学校支援?
 今朝(2/23)の新聞に、北教組が受け取り拒否で積み立てた「主任手当」を中学生への奨学金や被災地の子供支援、そして自治体の補助金を打ち切られた朝鮮学校への支援に使うと発表したことが掲載された。(読売は小見出しに記載、道新は記事中で1行)

 北教組は主任手当制度に対し「教員は皆平等。無用な上下関係を生む。新たな管理職は必要ない」として30年以上反対している。ここでもおかしな「平等論」が展開されている。積み立てされた手当は55億円に上るとみられる。

 主任手当分を子供の教育支援に使うのは本来の使い方ではないのだろうが、百歩譲って批判はしない。しかし各国の反対を押し切ってミサイルを飛ばし、世界の非難を浴びながらも核実験を強行し、拉致問題でも何の進展も見せない「北朝鮮」の強い影響下にある朝鮮学校をなぜ支援するのか?

 北朝鮮の莫大な核開発資金のほんの一部でも朝鮮学校に回すことをなぜしないのか?ネット上でも「反日教育になぜ援助をするのか」「差別でなく当たり前の区別だ」との意見が多数を占める。

 日経は2/20、以下のように掲載した。
-------------引用----------------------------------------
高校無償化、朝鮮学校除外を決定 文科省

 文部科学省は20日、高校授業料実質無償化制度の対象から朝鮮学校を除外することを正式に決め、省令を改正した。無償化の指定を求めていた朝鮮学校10校に同日付で不指定処分を通知した。

 全国朝鮮高級学校校長会の慎吉雄会長は同日、文科省内で記者会見し「極めて差別的な措置だ」と強調。法的措置も視野に入れ、不指定処分の撤回を求めるとした。

 文科省は朝鮮学校を制度の対象にするか審査を続けていたが、下村博文文科相は昨年末、「拉致問題の進展がないことや在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と密接な関係があり、現時点で無償化を適用することは国民の理解を得られない」として除外を表明した。
---------------------------------------------------------

 無償化にしないなら法的措置も視野に入れる???金総書記に支援を求めず、日本が支援しないなら訴える・・・こんな論理が通じるわけもない。

 子供に罪はない・・・その通りかも知れないが、教科書で反日教育やねつ造歴史を教えている学校になぜ日本国民の血税を投入する必要があるのか・・・それを平然と支援する北教組の姿勢には開いた口がふさがらない。

 根底には「皆平等!支援を受けられない朝鮮学校生が可哀そうだ」の思想が働く。「学級委員の選挙はしない。落選した児童が可哀そうだから」・・・いつまでこんなことが続くのか?

 


| 議員活動 | 09:13 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ネット選挙解禁、結論でるか?



 最近、インターネットでの選挙活動について与野党協議が活発だ。今日の毎日新聞社説は「参院選へ法改正急げ」とネット選挙解禁について論説している。

 「ネット選挙の禁止はもはや時代錯誤で、遅まきながらの解禁は当然」として、ホームページやブログはもちろん、Twitterやfacebookも対象とする大幅な解禁を後押ししている。

 各党協議は解禁には大筋合意しており、メール送信を解禁する「範囲」などで最終調整しており大詰めを迎えている。当然国政のみでなく地方選挙にも反映される見通しで、結論がどうでるか大いに関心のあるところだ。

 課題は「なりすまし」や「誹謗中傷」だ。最近でも橋下大阪市長のTwitterアカウントが乗っ取られたほか、三重県松坂市の山中光茂市長が暴力団幹部と飲酒している「合成写真」がネット上で拡散したことが問題になった。

 電子メールの利用については、自民・公明両党が政党と候補者のみに認めるとした案を示しているのに対し、民主党とみんなの党は第三者も含めて全面的に解禁するとした案を示している。

 また、インターネット上の有料広告についても、自民・公明両党の案が政党が党のホームページに誘導する「バナー広告」に限るとしているのに対し、民主党とみんなの党の案は、政党だけでなく、候補者にも全面的に認めるとしており、主張に違いがある。

 懸念される課題は多かれ少なかれあるが各党間で真摯に調整を重ね、参院選で解禁が実現するよう協議を深めてほしいものだ。


| 議員活動 | 12:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |