■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。 Gポイント

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

敬礼が可愛い〜小樽海洋少年団入団式

 4/29、海洋少年団の入団式。私は同団の顧問を仰せつかっている。貴重な新入団員は小学1年、2年各1人ずつの2名。総員で11名になる。

 

 団長から式辞があり団員手帳を受領するが、その前後の「敬礼」が可愛い。最盛期には200名以上の団員がいたという。今は少数になってきたが、「海の街おたる」の象徴である海洋少年団。さらなる発展を期待する。

 

 日の丸の真ん前に位置どるのは安斎哲也議員。何と(?)少年団の水泳指導者だという。小樽水泳連盟の会長ですものね!

 

 

| 議員活動 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポーツ議連誕生、小樽のスポーツ振興を目指して

 小樽市議会スポーツ振興議員連盟の設立総会が開催され、会則、役員の承認を経て設立が確認された。

 会長に安斎哲也(無所属)、副会長に千葉美幸(公明)、事務局長に不肖、私横田が選出された。

 

 議連の事業として、

 

第三条 この会は、前条の目的を達成するために次に掲げる事業を行う。
(1) 小樽市のスポーツ団体が行う競技、指導その他選手強化の推進に関すること。
(2) 市内スポーツ施設の充実強化の推進に関すること。
(3) 前二号に掲げるほか、小樽市スポーツ振興及び強化のための各種事業の推進に関すること。

 

を確認した。

 

 また今後の活動方針として

1 小樽体育協会との意見交換
2 小樽市スポーツ振興施策の調査・研究
3 スポーツ施設の現況・状況調査
4 上記2,3の活動のための部会設置
5 その他スポーツ振興全般にかかわる政策提言
の5点を推進することを全会一致で了承した。

 

 他のメンバーは写真の通り(笑)。

 

| 議員活動 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小樽走ろう会総会で、快走を誓う

 平成30年度の定期総会に30人が出席。新たに3人が入会した。その一人、朝里中学のT先生は北海道マラソン2時間40分のつわもの。Sさんは女性としては初めての20代。もう一人当日は欠席だったが、来年の市長選に出馬予定の迫さん、社会人野球の「樽協」所属のスポーツマン。

 

 湯の花朝里殿から朝里十字街までを往復し、入浴後総会、懇親会と進み、今年度も「ゆっくり、楽しく、気持ちよく」走ることを誓い合った。

 

 小学5年生の孫も参加、私より速かった(笑)。

 

 

| ランニング | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京研修の合間に皇居ラン

 

 3/26、27と全国地方議員勉強会(東京)で2本のセミナーに参加した。

 

◆人口減少社会における自治体経営◆

講師:中央学院大学教授〜福嶋浩彦氏

 

<要旨>

人口減少は避けられない。その中で自治体間で人口を奪い合うのは、自治体同士の螺試合に繋がる「ゼロサム」競争だ。

持続可能な社会を目指す「プラスサム」競争へ転換できるか、首長のリーダーシップが問われている。

 

「うまく小さくして質を高める」…言うのは簡単だが実際に実現していくには、既得権を持つ団体や市民との合意作りを含めて簡単ではない。

 

そんな中で首長が何を考えているか分からないと、職員だけで思い切った選択はできない。首長は自分の判断を常に明確にし、ぶれることなくすべての責任を負い、一番困難な道を選択できるようにする役割がある。そのために首長がいるのだ。

 

◆議員目線での地方創生時代における政策の作り方◆

講師:行政経営フォーラム所属〜細川甚孝氏

 

<要旨>

地方創生施策はなぜあたらなかったのか。全国一律モデルが崩壊したが、それぞれの周辺環境が違うので想定されたこと。人口・財政・行政のプレーヤが違うから当然の結果。

 

自治体それぞれの実情に合った政策/施策/事業構築の必要性を認識すること。政策とは「公共的な課題を解決するための活動の方針であり、目的と手段の体型をなすもの」でありその形成には目的と手段の体型を有効に展開するための仕組み・しかけ作りが重要。

 

よく言われる「PDCA」はうまくいかない。評価結果がどうしてそうなったかの確認(Check)から始まる「CAPD」が大事。事務事業評価を調べる。中心となる課題をやらないことによってどんなダメージが発生するのかを考える。(事例多数紹介)

 

重要!

議員は支持者の意見をよく聞き、それを代弁者として行政に届け、自らも政策提言を行うのが仕事。議員は複数いるので様々な代弁が上がってきて議論すればいい。首長は逆に自らの支持者の意見を一瞬たりとも代弁してはならない。首長は1人であり支持者以外もまた市民なのだから・・・。

 

 何故か小樽からの参加者間でざわめきが走った(笑)。誰かに聞かせたいですな〜。

 

 1日目の午後は小樽の名産品などを販売して頂いている板橋の「とれたて村」を視察。

 

 続いて渋谷、東急109で開催中のの北海道物産展を激励した。

 

 そして2日目の朝は、久々の皇居RUN。1周5キロが40分かかった。今年初めてのランニングなので、まぁこんなもんかと自己を合理化する(笑)。

張っていますよ〜。

 

 

 

 

 

| 議員活動 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギターの神様、ノーキー・エドワーズ天に召される

 テケテケテケ・・・中学校時代に毎日聞き、ギターを真似ていた憧れのベンチャーズのリードギタリスト、ノーキー兄貴が逝去された。82歳だったとのこと。

 

 初期メンバーのメルティラー(ドラム)、ボブボーグル(ベース)もすでに亡くなり、残るはドンウィルソン(サイドギター)のみとなった。淋しいがこればかりはしょうがない。

 

 私が一番最初に買ったレコードはこの4人が演奏する「ダイヤモンドヘッド」。盤面が擦り切れるまで聴き込んだ。1960年代の日本の音楽業界にビートルズとともに多大な影響を与えてくれた。有難うノーキー。ご冥福をお祈りします。

 

 

 

| 音楽関係 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポーツ・ドクター講演会〜体育協会が主催

 2/27、小樽体育協会が主催する「スポーツ・ドクター講演会が開催された。毎年、この時期に各種スポーツに関連する医師が、専門的な講演を行うもので、故障や怪我の予防に様々な知識を教示してくれる。

 

 今回は小樽生まれで現在、小樽市立病院脳神経外科医療部長の新谷 好正(にいや よしまさ)医師が「スポーツと頭頚部外傷」をテーマに約1時間講演された。当日は議会が本会議で、終了が19時近かったため遅れて参加し、質疑応答の時間になっていた。

 

 高校のバスケット顧問の体育教師が、「練習中に生徒がボールの取り合いでぶつかり、相互に頭を強打した。そうした場合の対応は・・・」との質問に「経過を見るのではなく、迅速に救急車を呼び救急隊員の判断を受けることが大事。その後回復して救急医療が空振りに終わっても仕方がない。我々も空振りは覚悟している。後に悔いを残さないように家族も含め出来ることはやっておく」と回答された。

 

 私の趣味であるジョギングでは、頭部に損傷を受けることは少ないが、転倒などで頭部を打つこともあるかも知れない。参考になった。

 

 

| 日記 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
全日空(ANA)機内で「小樽麦酒」が・・・。

 先日、ANAを利用したところ写真のカタログが・・・。小樽の高島にある「北海道麦酒醸造株式会社」が販売する缶ビールが機内販売されていた。

 このビールは飲んだことが無かったので、まずは一杯!通常のビールよりは100円高かったが、味は地ビールらしい香りが。

 機内では「アンバエール」という種類のみだが、他に「ピルスナー」もあるとのこと。何れにしても「小樽」ブランドを広めて頂いていることに感謝!

 

| 日記 | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
富山市ガラス美術館で作品の素晴らしさを堪能

 富山市の中心街にガラスを中心とした美術館(図書館も併設)があり、特にデイル・チフーリ(アメリカ出身)というガラス作家の常設作品が市民に好評だという。

 先日、富山市のコンパクトシティ施策を調査に赴いた際に、鑑賞させて頂いた。写真は氏の代表作。

 別世界にいるような感覚にとらわれる。小樽もガラスの街だがこういう作家の作品を展示する施設があればと思う。富山へ行く機会があればぜひ鑑賞して頂きたい。

 

 富山市ガラス美術館(TOYAMAキラリ)ホームページ→クリック

 

| 議員活動 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
飛越能(ひえつのう)&コンパクトシティ〜自民党会派視察

 2月7〜9日、北陸の高岡市、富山市を視察した。

 高岡市では北陸新幹線の開業効果と開業までの準備状況を調査した。特に観光面では高岡市を中心として「飛騨」「越中」「能登」を南北に結ぶラインを「飛・越・能」(ひえつのう)と名付け、それぞれの地域が連携して観光産業を発展させる施策を構築している。

 開業までは商工会議所会頭を会長とする「新幹線まちづくり推進高岡市民会議」を設置し、

(1)新幹線開業に伴う官民一体の事業推進に関すること
(2)新幹線開業に伴う市民意識の醸成に関すること
(3)その他、目的達成に必要な事業

 を各種団体、市民、企業、行政が一体となって諸準備、開業後の効果拡大に取り組んだという。

 

 北海道新幹線の札幌延伸まで後12年ほど。やるべきことが山積しているはずだが、小樽市の動きは鈍い。それどころか商工会議所との連携も全くうまくいっていない。

 高岡市は前述の市民会議の会長を市長が務める予定だったそうだが、民間経済団体の協力なくしては成功しないとして、敢えて会議所会頭に会長をお願いしたという。

 小樽市は新駅の策定委員会から会議所を実質的に排除するという暴挙に出た。今後の官民一体の会議でも会議所をメンバーに入れないという情報も聞かれる。小樽のまちづくりは森井市長の無策により底辺を這いずり回っている。

 

 富山市のコンパクトシティ施策の紹介は後日。

 

 

| 議員活動 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年〜走ろう会・初詣マラソン

 元旦恒例の小樽走ろう会初詣マラソン。住吉神社までジョギングで集合し、お神酒を頂いて帰路に就く。

 今年こそ北海道マラソン復帰を誓って1,000円のお賽銭を奮発!走るぞ〜。

| 日記 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |