■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。 Gポイント

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< 全日空(ANA)機内で「小樽麦酒」が・・・。 | main | ギターの神様、ノーキー・エドワーズ天に召される >>
スポーツ・ドクター講演会〜体育協会が主催

 2/27、小樽体育協会が主催する「スポーツ・ドクター講演会が開催された。毎年、この時期に各種スポーツに関連する医師が、専門的な講演を行うもので、故障や怪我の予防に様々な知識を教示してくれる。

 

 今回は小樽生まれで現在、小樽市立病院脳神経外科医療部長の新谷 好正(にいや よしまさ)医師が「スポーツと頭頚部外傷」をテーマに約1時間講演された。当日は議会が本会議で、終了が19時近かったため遅れて参加し、質疑応答の時間になっていた。

 

 高校のバスケット顧問の体育教師が、「練習中に生徒がボールの取り合いでぶつかり、相互に頭を強打した。そうした場合の対応は・・・」との質問に「経過を見るのではなく、迅速に救急車を呼び救急隊員の判断を受けることが大事。その後回復して救急医療が空振りに終わっても仕方がない。我々も空振りは覚悟している。後に悔いを残さないように家族も含め出来ることはやっておく」と回答された。

 

 私の趣味であるジョギングでは、頭部に損傷を受けることは少ないが、転倒などで頭部を打つこともあるかも知れない。参考になった。

 

 

| 日記 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.otaru.info/trackback/895648