■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< Beatlesが(小樽に)やって来たヤァ!ヤァ!ヤァ! | main | 小樽市議会初、森井市長問責決議案を可決 >>
そこまで言って委員会〜須田慎一郎氏が講演

 小樽信用金庫の創立95周年を記念して行われた「記念講演会」。テレビでおなじみの須田慎一郎氏が講師として出演(?)した。

 

 演題は、経済がいつ回復するのか、今後どのような状況になっていくかなど、経済問題を中心に90分、独特の話法で話された。

 

 氏によると、「景気が良い、というのは普通に働いていれば懐が温かくなる」ということだと言う。それでは景気の回復はいつ頃見込まれるのかとの答えは、「皆さんが現職のうち、或いは生きているうちには景気は回復しない」と結論付けた(笑)。

 

 その他、「トヨタ」や「洋服の青山」「餃子の王将」などの企業を例に挙げ、今後は新しい視点で企業経営していかなければ負け組になってしまうと訴えた。

 

 独特の視点、観点からの一億総活躍社会やトリクルダウン理論の解説は新鮮だった。毎年のこの講演会が楽しみだ。

 

※ トリクルダウン→「徐々にあふれ落ちる」という意味で、大企業や富裕層の支援政策を行うことが経済活動を活性化させることになり、富が低所得層に向かって徐々に流れ落ち、国民全体の利益となる」とする仮説である。

 

 

| 議長日誌 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.otaru.info/trackback/895600