■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< 四ツ葉学園の「秋の収穫祭」で味覚を堪能 | main | スタンウェイの音色、マリンホールに響く >>
予算委員会、連日の空転〜正常運営を探る
 小樽市議会第3回定例会の予算特別委員会が9/10から始まったが、2日目の審議から空転が続き、昨日再開され漸く2日目を終了した。現時点で会期を2日間延長することとなる。

 これまで審議が紛糾し会期延長1日というのは経験があるが、2日延長は初めての経験だ。異常事態が続いている。

 予算委員会の一部始終は各紙の報道や小樽ジャーナルに詳しいが、市長答弁のあいまいさに要因があるとみる。市長は14日の記者ぶら下がりで「議会を止めたのは秋元議員(公明党)」と明言し委員会でもそう答弁したが的を射ていないし、理解不足だと感じる。市長答弁に矛盾がなく毅然とした答弁であれば空転することはあり得ない。それを議会のせいにされるのは議長としても不本意だ。

 市長は昨日、調整に当たる予算委員会正副委員長の調整(面談)を拒絶した。議会を邪魔者のように思っておられるなら不幸で残念なことだ。我々25人の議員もそれぞれ市民の負託を背負っている。市長も多くの市民の支援を得ておりそれを随所で意思表示されるが、確かに民意は大切だが万能ではなく、ましてや独善になっては決してならない。二元代表制のしくみをご理解いただき、議会との良好な関係を築いて頂きたいと痛切に思うところだ。

 3期12年間市長を務められた山田勝麿元市長が小樽ジャーナルの取材に以下のように語っている。

---------------引用 小樽ジャーナル 9/13----------------
 森井氏は当選してから私のところに挨拶に来た。今後のことで話を聞きたいと言うので、特別職の副市長の定員は1人でなく2人となっており、副市長2人も可能だと言った。〜※注
 もう1つ、市役所庁内のコミュニケーションを良くするためには、内部昇格が良いのではないかとだけ話した。

 ※注〜現在は定員1名と規定している。(平成19年4月1日改定) 

 一般職の人事については、何も意見を言っていないし、辞めた私が言えるわけはないでしょ。6月のあんなひどい人事をするから、庁内や議会とも対立してしまっている。市政を進めるためには、いろんな人の意見を聞いて、議会としっかりした関係を作らなければ、前に進めるわけがないでしょ。

 自分だけ格好の良いことを言ってたって、議会との関係がうまくいかなければ、何も出来ないでしょ。市長の政治姿勢の問題ですよ。人の意見を聞かず、何か言われても 『私はそうは思いません』 で終わっている。

 2定での件では、総務部長に何も話していないと言ったら、市長本人から『迷惑を掛けて申し訳ない』と言ってきた。

 市長になったら、議会との関係をちゃんとできないと何も出来ないでしょ。人の話に耳を傾けなければダメだよ。

 小樽ジャーナル→クリック
---------------------------------------------------------

 議員の中には議会の姿勢に対し「市民から議会が非難される」ことを懸念する者もいるが、それを恐れて審議が委縮することは絶対にあってはならない。時には非難を浴びても正しい議論を展開することが議会の役目であり、それなくしては議会は自滅することになる。



 
| 議長日誌 | 06:11 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ご無沙汰しています!
大変ご苦労なさってるようでお疲れ様です。

想像したとおりの状態です・・・
根拠の無い理想を掲げるのは自由だが、現実も
今までの経過も無視した独善的では仮に革新的な
案だとしても人は付いてこない。

リーダーは人が付いてきて何ぼ、です。
ましてや自治体の長ともなれば昨日の敵も
今日の友まで行かずともある程度のすり合わせ
歩み寄りが感じられなくては一緒に市政を
よく出来る立場に立てるわけがありません!

森井市長の手腕 性格 人としての未熟さが
いろいろ出るんでしょう。
でも結局はそこまで考えずに雰囲気だけで
革新的だ、しがらみが無い、斬新だ!・・・などと
持ち上げた支持者 乗っかった有権者の
ミスです。

木に竹を接いでも生きないように
政治はさらに人間くさいもの 実務的なもの
それを甘く見て奇麗事の理想だけ並べても
市長一人で全て実行できるわけがありません。
いかに周りに理解者 共感者を増やすかが
課題なのにまるで正反対ですね!

国会での野党のくだらない質疑や時間の浪費
国を守ることは他人任せでかまわないという、
無責任体質。
嘘ばかり煽って 偏った印象操作しかしない
朝鮮メディ亜 朝日に毎日。ついでにテレビ東京???
こっちじゃ北海道新聞が相変わらず
反日記事ばかり書いている!

正直もう新聞は取りたくない気分ですが
他に選択肢が無い地方はストレスがたまります・・

戻って森井さんはその状態で障害者のために
新しい市政を施策を推進することが出来るのでしょうか?
はなはだ疑問です・・・


台風が去って 気温が急に低くなりました。
お体大事にされて議事運営の方、
よろしくお願いいたします。
























| 侍ジ亜ャパン | 2015/09/19 4:02 PM |










http://blog.otaru.info/trackback/895533