■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< 孫、No5が誕生 | main | 小樽商業高校創立100周年〜10/12 >>
術後、8年が経過

 平成17年9月15日に胃袋を全部摘出した。昨日で丸8年が経過、絶好調とまではいかないが体調はすこぶる良い。

 体重は61〜62キロを維持、手術前より12キロほど痩せた。肥満体系だったので体重が落ちたのは渡りに船だった。もう2〜3キロ増えると標準体重になるのだが、いくら食べてもこれ以上増えない。まぁランニングには適した体型になったと思っている。

 日本胃癌学会による胃癌のステージ別による5年生存率がある。私はステージ3Aだったので術後5年の生存率は50.8%となっている。ここはクリアし、今さらに3年経過した。

 8年経過で「もう大丈夫・・・」と言う人もいるが、安心はできない。半年毎の検査で再発の兆候はみられないが、新しい癌が発症することもあるかも知れない。

 9/14には高校の同級生が咽頭がんから他の臓器に転移し、63歳の若さで天に召された。日頃の健康管理をさらに徹底しなければと痛感した。



| 治療経緯 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.otaru.info/trackback/895408