■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< 学力危機〜読売新聞のキャンペーン始まる | main | ミスおたるが決定。脚長の今風美人! >>
ニューヨークのバス事情〜その1



 昨年、ニューヨークで体験したバスでの出来事。バスを降りる際に日本では写真のようなボタンを押して運転手さんに降車の意思表示をするのが普通だ。通称「ピンポーン」で、運転手さんは多くはどすの利いた声(笑)で「次、止まりま〜す」と乗客に応える。



 さて、ニューヨークのバス(アメリカ全土かな?)は写真のように黄色いワイヤー(ナイロン製?)が窓に沿って張られており両端にはセンサー(白い部品)がある。つまり降りる時はそのワイヤーを引けばセンサーが反応するのだ。車内にずーっと張ってるのでどこにいても引ける。

 日本のバスのボタンは、どこに乗車していても押すのに困らないように1台のバスに30〜40個くらいピンポンが設置されている。天井や「つかまり棒」にもついてて大変親切だ。日本らしい。

 アメリカでは立ち乗車や混雑時などでワイヤーに届かない客がどうするのかは不明だが、窓側の人に頼んだりすることで済んでいるのだろう。この設置費用だけに関していえば、素人考えではアメリカのほうが相当、安価でできるのでは。その分運賃が安くなれば市民のためにもなる。

 バスについてはまだ面白い話があるので乞うご期待!


 

| アメリカ漫遊記 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.otaru.info/trackback/895382