■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< 自民圧勝!勝って兜の緒を締めよ。 | main | 議事堂コンサートのお知らせ >>
全国学力・学習状況調査の結果〜小樽市分


 平成24年度の見出し結果については11/26日に道教委が振興局単位の概要を公表していたが、先日、小樽市分についての結果が公表された。HPで公開されているが要点をまとめた。

◆調査日時 平成24年4月17日(火l)
◆実施校数
 ・小学校26、中学校14 計40校
◆児童生徒数
 ・小892人、中977人 計1,869人
<学力調査>
◆小学校(6年生)
 ・国語A→全道と「ほぼ同様」、全国より「やや低い」
 ・国語B→全道と「ほぼ同様」、全国より「低い」
 ・算数A→全道と「ほぼ同様」、全国より「やや低い」
 ・算数B→全道と「ほぼ同様」、全国より「やや低い」
 ・理科→全道、全国と「ほぼ同様」
◆中学校(3年生)
 ・国語A→全道と「ほぼ同様」、全国より「やや低い」
 ・国語B→全道と全国より「やや低い」
 ・数学A→全道と「ほぼ同様」、全国より「やや低い」
 ・数学B→全道と「やや低い」、全国より「低い」
 ・理科→全道、全国より「やや低い」

 注〜「A」は基礎知識、「B」は活用力
   表記については、
    ・5%以上高い→「高い」
    ・3〜5%高い→「やや高い」
    ・3%以内→「ほぼ同様」
    ・3〜5%低い→「やや低い」
    ・5%以上低い→「低い」

 ご覧のように最高でも「ほぼ同様」で全国、全道平均より3%以上高い項目が見られない。
一方、全国平均に比しては「やや低い」「低い」しかなく、昨年に比較するといくらか学力が向上している場面があるのかも知れないが、依然として低位にあるのは間違いない。

 具体的な改善策を含めた詳しい内容については、今後、報告書として各学校に示すとしているが、これらの結果をいかに学力向上に結び付けるかが問われることとなろう。

<学習状況調査>
◆朝食を毎日食べているか?
 ・全国と比べ、朝食を食べている割合が低い

◆携帯電話で通話やメールをしているか?
 ・全国と比べ、携帯電話を使いすぎている

◆学校の授業時間以外に家庭で勉強しているか?
 ・全国に比べ、家での勉強が足りない

◆家や図書館で読書しているか?
 ・本を全く読まない割合が高い

 携帯電話を「ほぼ毎日使用している、時々している」割合は、全国比で小学校で6.2%、中学校で14.1%も高くなっている。

 また家庭で「まったく勉強しない」割合が小中ともに全国のおよそ2.5倍になっている。家で「3時間以上勉強する」が小学生では全国の半分となっている。

 勉強しない習慣が染みついているのか?携帯電話の使用率が高いのと関連があるのか一概に言えないが、しっかりした分析を行い指導方法・指導内容の工夫改善に努めて頂きたい。

 教育委員の中には、「しっかりと数値で示すべき」との意見があったというが、私も同意見だ。現に市町村別の数値を公表している府県もある。

 公表は「学校間の序列化や過度な競争につながるから・・・」との過去の呪縛霊のようなフレーズがいつも付きまとうが、自分の子供が通う学校がどのレベルなのか知りたい親や地域住民は多いと思う。それらの声にはどう応えていくのか?今後の検討が望まれる。



| 教育問題 | 15:07 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=oKjMlSj-C34
削除される前に見れるでしょうか・・・

ニュースアンカー 安倍さん出演です^^
| 侍ジャパン | 2012/12/19 7:20 PM |

内容同じ、ニコニコ動画でのアンカーの様子ですw
話題は拉致問題ですね・・・

拉致問題担当にあの桜井よしこさん_?ていう声も
聞こえてきましたが、実際はまだ安倍さんはまだ
何も言ってませんね!いずれにしても
拉致被害者や家族に信頼ある人、生きて奪還を最優先課題に
掲げる人をこの部署につけたいものです。
北海道にもまだまだ被害者がいるだろうと自分も思っています・・
| 侍ジャパン | 2012/12/19 8:33 PM |

はじめまして。
自民党小樽市議の中で、横田先生がもっとも愛国的かつネット活動に熱心なようなので、支持者拡大につながるかもしれない
アイデアを提案させていただきます。
水寮憲というジャーナリストをご存じでしょうか?小樽出身の方だそうです。
先日、小樽で講演会をなされ、その際、歴史と由緒ある地元小樽の歴史が日教組や左翼系の道新などの隠蔽によって廃れていくばかりとの話をお聞きしました。
私は、ふと札幌市東区の道議大崎誠子議員のことを思い出しました。彼女は地元の名士、由緒ある建物と歴史的経緯などをブログの中で説明されているのです。
http://www.osakiseiko.com/favo/favo.html
この手法で、後援会員の方を紹介、先人の歴史的偉業などを紹介することで、横田先生と後援会員の方との絆が深まり、また、横田先生のブログで初めて小樽の歴史を知り、郷土愛に目覚めることで保守支持に転向する方がいるのではないかと思います。
水寮憲さんの参考サイトは以下。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1167.html
らぶ小樽の社長さんは、水寮憲さんと連携しており、今回の提案趣旨に賛同していると思われます。
http://loveotaru.info/loveotaru.html
関心おありでしたららぶ小樽の社長さんに問い合わせてみてはいかがですか?

| 自民支持者 | 2013/01/05 7:32 AM |

>自民支持者さん、初めまして。
 コメント有難うございました。返事が遅れ申し訳ありません。
そして支持者拡大の具体的なご提案有難うございます。

>水寮憲というジャーナリストをご存じでしょうか?
 はい、よく存じ上げています。時々メールや電話を頂戴しますし、面識もあります。

 私と同じ昭和25年生まれで共通の友人も沢山おります。朝里小中→潮陵高卒で学生時代に会うことはありませんでしたが、4年ほど前に当時、自民党幹事長だった麻生太郎議員の講演会があった時に彼がいろいろアレンジし同行してきましてその際に知り合いました。

 時々私の拙ブログでも著書などを紹介させて頂いております。
http://blog.otaru.info/?eid=895355

 舌鋒鋭い批評と愛国の思いにはいつも共感しているところです。先般の講演会のご案内も頂いておりましたが所用で欠席でした。

>ふと札幌市東区の道議大崎誠子議員のことを思い出しました。
 大崎道議は自民党道連の女性部長ですので、何度かご挨拶をしたことがあります。HPを拝見しましたがアイデアが素晴らしいですね。ぜひこれを参考にさせていただいて、私のブログも充実させたいと思っています。

 ラブおたる(坂の街出版社)の佐々木社長もよく存じ上げています。昔、ラブおたるに拙い記事(コンピュータ関係)を連載させて頂いた時期もありました(笑)。会社のパソコンのメンテナンスなどもした経験もあります。私が市議に初挑戦するときにはいろいろアドバイスを頂きました。早速、この件についてのご意見や手法などについて色々お聞きしたいと思います。

 今回は貴重なご提案有難うございました。今後とも宜しくご指導願います。


| 横田 久俊 | 2013/01/06 5:36 AM |

ご丁寧な返事をいただき恐縮しております。
愛国地方議員の皆さんが、郷土の歴史について、ブログ等で取り上げるようになれば、少なくともマスコミは郷土史の偏向捏造はしにくくなり、大げさかもしれませんが誇りある郷土に支えられて若者は育つ、そういう時代が早く来ることを願っております。

久しぶりに小樽に立ち寄り、歴史ある街の良さを再認識した次第です。
水寮憲さんの講演会などでお目にかかる機会があるかもしれません。
今後とも宜しくお願いいたします。
| 自民支持者 | 2013/01/08 4:23 PM |










http://blog.otaru.info/trackback/895372