■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。 Gポイント

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< ゆらぎマラソン出場者募集中 | main | 友好姉妹都市、江西区(韓国ソウル特別市)を訪問 >>
建設常任委員会が初の委員会提案条例を上程


 議会が活性化するには、議会自らが政策提言しそれを実現させる活動が重要となる。議会の役目は市長部局の監視やチェックだけではなく、政策立案能力が問われること必然なのである。

 今回、建設常任委員会が「小樽市住宅リフォーム条例」を議案として提出した。平成18年に地方自治法が改正されて「委員会」単位で条例案などを提案できることとなったが、今回は小樽市で初めてこの提案が実ったもの。7度にわたる勉強会や先進地の視察などを行い、全会一致での可決となった。写真は本会議前に委員全員から議長室で条例案を手交される場面。

 高橋克幸委員長(公明)は、「市内業者に仕事が生まれ、助成金の何倍ものお金がまちに循環し、大きな経済効果が望める」とその成果に期待を寄せる。とりまとめお疲れさまでした。



| 議長日誌 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.otaru.info/trackback/895302