■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< ガソリン暫定税率継続? | main | 最終日、討論 >>
市立病院建設地、量徳小学校が濃厚
市長の説明

  12/18、量徳小のPTAと市長、病院局長、教育長らの初の懇談会が開催され参加した。市長は
  「正直に言わせてもらえば、量徳小は建設候補地として一番良いという気持ちを持っている」
と語り、最終判断は遅くとも2月上旬、第1回定例会前にしたいと述べ、市民の理解を求めた。

 市長のPTAに対する直接の働きかけで注目されたが、結論は来年に先送りされた。もっとも今回、最初の懇談会でいきなり結論を示すほうが乱暴だろう。今回はPTA中心だったため他の地域関係者、校友会、医師会、経済界、議会などとも説明、協議がなされなければならないだろう。

 そういう意味で市長が自らの気持ちを表明した今回の懇談会は一歩前進したものと考えられる。市長部局、病院局、教育委員会らによる早期の決断を期待するところだ。
| 新市立病院 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.otaru.info/trackback/895084