■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。 Gポイント

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

<< 「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」 | main | 熊碓神社例大祭でこども神輿 >>
最終本会議で定数4減が確定
 昨日の本会議で議員定数削減条例案が可決され、小樽市の議員定数が次回(来春)の統一地方選挙から「28人」となることが確定した。平成15年、32人で当落を争そい、私には厳しい選挙だったが、来年は更に厳しさが増す選挙となるだろう。身を引き締めるとともに、闘志も沸いてくる。

 本会議の状況→小樽ジャーナル

 関連記事のある場合、いつも小樽ジャーナルにリンクさせて頂いている(社長の承諾を得ています〜笑)が、上記引用記事で大橋一弘氏が述べているように、ここ1〜2年で「ネットでの情報共有」が一気に進展してきたことが感じられる。お世辞抜きにして、小樽ジャーナルがこうした現状の一翼を担ったことは間違いないだろう。

 これまで小樽と議員定数が同数(32人)であった苫小牧市も、2減の30人に決定したとのこと。我が党が当初提案した2減30人では、苫小牧市と再度同数になるところであった。結果的に人口17万人の苫小牧より、2人減で決着したことに安堵感を感じるのと、最終判断が適切であったことを再認識している。
| 議員活動 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.otaru.info/trackback/469916