■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

ニューヨークのバス事情〜その1



 昨年、ニューヨークで体験したバスでの出来事。バスを降りる際に日本では写真のようなボタンを押して運転手さんに降車の意思表示をするのが普通だ。通称「ピンポーン」で、運転手さんは多くはどすの利いた声(笑)で「次、止まりま〜す」と乗客に応える。



 さて、ニューヨークのバス(アメリカ全土かな?)は写真のように黄色いワイヤー(ナイロン製?)が窓に沿って張られており両端にはセンサー(白い部品)がある。つまり降りる時はそのワイヤーを引けばセンサーが反応するのだ。車内にずーっと張ってるのでどこにいても引ける。

 日本のバスのボタンは、どこに乗車していても押すのに困らないように1台のバスに30〜40個くらいピンポンが設置されている。天井や「つかまり棒」にもついてて大変親切だ。日本らしい。

 アメリカでは立ち乗車や混雑時などでワイヤーに届かない客がどうするのかは不明だが、窓側の人に頼んだりすることで済んでいるのだろう。この設置費用だけに関していえば、素人考えではアメリカのほうが相当、安価でできるのでは。その分運賃が安くなれば市民のためにもなる。

 バスについてはまだ面白い話があるので乞うご期待!


 

| アメリカ漫遊記 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エアー・シアターの充実度
 東京(成田)→アメリカ間は飛行機で約12時間かかるが、機内の映画サービスのメニューが素晴らしい。映画好きには至福の12時間だ。

 なんと現在日本で封切り中の作品やこれから公開される映画が鑑賞できるのだ。これにはビックリ!

 まずは「最高の人生の見つけ方」。名作「スタンド・バイ・ミー」を世に送り出したロブ・ライナー監督が、余命わずかな老人2人を主人公に、彼らが人生最後の過激な旅で見つける愛や友情、家族の絆を描く。余命6ヶ月と宣告された70歳代の老人が、残りの人生をどう過ごすか・・・。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの名優2人の演技は最高だ。これは現在封切り上映中。

 次は「ジャンパー」。3月に公開されたばかりで見逃した作品だ。まだDVDもレンタル未定なので早速視聴。超能力で一瞬にテレポートできる青年と超能力者を抹殺する組織との対決が見物だ。何も考えずに楽しめる(笑)。

 続いて「幸せになるための27のドレス」。何と日本では5月31日公開なのでまだ見ることが出来ない作品を先駆けて見れた。グレイズ・アナトミーでブレイクして今、映画界で引っ張りだこのキャサリン・ハイグルが主演だ。日本の着物もちょっと登場。女性を意識した作品なのだが男でも楽しく見れた。

 4本目は「評決」。名優ポール・ニューマンの法廷ドラマ。レンタルDVDがないのではじめて見た。病院での事故を巡って弁護士が孤軍奮闘し最後は勝利する物語。20年以上前の映画だが一気に見てしまった。

 途中で仮眠し、起きては映画を見ていたらNYに着いてしまった。狭い座席でエコノミック症候群になりかけ(本当に足の静脈が盛り上がってきた)ながら疲れたが、ただで映画を4本も見れたので満足(笑)。

 帰路は「ウォーターホース」「ライラの冒険・黄金の羅針盤」「陰日向に咲く」「大いなる陰謀」など比較的新しい作品を堪能。いずれもレンタル化されていないのでまたまた儲けた気分に!

 「大空劇場」がこんなに充実しているとは知らなかった。同じ画面で他にもゲームが出来たりとサービス満点。利用者には嬉しい限りだ。
| アメリカ漫遊記 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無事に帰国!
 5/13の夜に小樽到着、4泊6日の強行スケジュールは無事、終了した。

日本語の自動販売機加山雄三さんの販促物 アトランタはコカ・コーラの発祥の地だ。コカ・コーラ本社がありミュージアムが併設されている。何と65種類のコーク社製品があるという。4Dシアターでとても面白い体験も。

 最後に飲み放題の試飲で終了。アトランタの観光名所として定着しているそうだ。アトランタには「CNN」の本社もありこちらも観光スポットだ。

 郊外にある「ストーンマウンテン・パーク」も見学。世界最大の花崗岩として有名。約3億年前にマグマの活動で出来た火成岩が、 のちに地上に噴き出し冷却されて花崗岩になったそうだ。斜面には3人の南部の英雄の像が彫られている。アメリカらしい広大さを感じた。ここでおにぎりと水で昼食。昨晩の日本料理店で作ってもらった(笑)。

 夕食は郊外レストランで肉とポテト。1食7ドル程度と大衆向きだ。しかし困ったこと(?)にアルコールが置いてない。

 日曜日は店で酒類を買うことも出来ない。アメリカは酒には厳しく、NYは毎日4:00am〜10:00amは酒類を販売していない。アトランタは日曜日のみ終日買えない。日本が「酔っ払い天国」といわれるのもわかる。屋外で(例えば公園など)で飲むのも禁止だ。
 健康にはいいかも知れないが、日本ではこの種の規制は難しいだろう。私も反対するかもしれない(笑)。

 翌日は9:15amにワシントン経由で帰国なので少し早めにと6:00にホテル発。これが大正解!何と空港でセキュリティ通過に1時間を要した。隣の外人が「クレイジィー」を連発していたがセキュリティポイント通過に長蛇の列。決して検査が厳しいわけではない(・・・でも靴を脱がされ、ベルトは外す)のだが、とにかく人が多過ぎる。何百人いや千人以上が行列している。ギリギリ搭乗時間に間に合った。

 アトランタも2泊1.5日だった(笑)。今度は時間に余裕をもって行きたいものだ。
| アメリカ漫遊記 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あっという間のニューヨーク滞在
 5/8に成田を出発し12時間余のフライト。狭い座席でフラフラになりNYに着いたのは現地時間で5/8の11:00。同級生Bobby(宗像隆一)が迎えに来ている。

 JFK空港から1時間余でマンハッタン着、グラウンド・ゼロを通過するが工事中でフェンスしか見れない。

 どこもかしこもこんなビルディングばっかり。
 まず昼食ということでBobby経営の蕎麦屋&焼き鳥屋で食事。外国で蕎麦を食べるのも複雑な気分。そば粉は佐呂間から仕入れているとのこと、味も最高だ。外人(〜ここでは私が外人か?)も箸を上手に使いながら食べている。店内は満員でオーナーもご満悦。時差は13時間なので昼食時は日本の深夜だ。若干仮眠して夕食に備える(笑)。

 翌日はバスの乗り方を教えてもらいメトロポリタン美術館へ。バスは日本のバスを2台繋げたような超ロングサイズ。真ん中でクネクネ折れながら走る。




 美術館の広いこと、展示内容の濃いこと、展示数の多いこと、鑑賞者の多いことには驚かされた。2時間ほど館内を見たがほんの一部しか見ることができない。

 日本のブースもあり兜や鎧、日本刀などが展示されていた。全館見るのは一日仕事になるだろう。先日、九州の国立博物館を見てその広さや展示数に驚いたがその比ではない。

 夜はBobbyがブロードウェイの切符をとってくれていたのでミュージカル鑑賞としゃれ込んだ。数ヶ月前から予約しないチケットがとれないと言うほどの人気だそうで、キャンセル待ちの列に多くの人が並んでいるのにはびっくり。日本語の音声サービスを借りていざ鑑賞。知る人ぞ知る「MAMMA MIA」だ(残念ながら私は知らなかった〜笑)。知らない人でもABBAのダンシングクィーンは知っているだろう。ABBAのヒット曲22曲で構成されており日本でも劇団四季が公演中だ。「素晴しい」という形容詞では、全然足りないほどの完成度の高さ!舞台と観客が一体となった芸術の醍醐味を見た。

 終了後に焼き鳥で一杯。Bobbyが経営する店の中で一番の繁盛店「炙屋 錦之助」(あぶりや きんのすけ〜なんちゅうネーミングだ)。それこそ超満員でオーナーでもやっと予約できたというぐらい。日本で食べる以上においしい「レバー」などをご馳走になりねぐらへ。

 翌日は早朝から移動なので二泊三日ならぬ実質二泊1.5日のニューヨークの旅は終了した。
| アメリカ漫遊記 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アトランタ、オリンピック公園で
 ニューヨークではネット環境がなかったので書き込みできなったが、今日はアトランタのホテルで念願のインターネットにアクセスできた。但し24時間で14$(笑)。この時代にホテルでネット使用代金を摂るのはいかがか?

 アトランタの観光地として有名なオリンピック公園で写真を一枚。今日の気温は28度位か。半袖で十分過ごせる。マサ(次女の彼氏)と3人で日本料理店で乾杯!アメリカの肉類にはやや閉口。
| アメリカ漫遊記 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日からアメリカへ
 ニューヨークに同級生が居る。小学校、中学校、高校、就職先まで一緒だった。向こうへ行ってもう30年以上になるだろうか。BOBYなどと英語の名前ももっている。ナイトクラブや蕎麦屋、焼き鳥屋など数店を経営している実業家(?)だ。前から一度来い・・・と言われていた。

 アトランタで次女の交際相手が留学中だ。来年帰ってくるのでその前にと思い、合わせて行ってくることに。4泊6日の強行軍だが、行けるうちにと思い切った。PCは持って行くが書き込みできる余裕があるかどうか?
| アメリカ漫遊記 | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |