■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

2017 後志吹奏楽フェスティバル、鳥肌立つ

 今年で14回目となる標記フェスティバル、24団体、350名が日頃の練習結果を披露した。

 一番驚いたのは「二刀流」が多いこと。それもマウスピースが異なる楽器を取り換えて吹奏する。

 

 SAXでアルトとテナーを、或いはトロンボーンとユーホニュームを取り換えて吹奏するのはこれまでも少ないけれどあった。今回私が驚いたのは、トランペットとトロンボーン、チューバとユーホニュームの二刀流!いずれもマウスピースのサイズが異なり、よほど唇が出来ていなければ難しい。

 

 ↑ 双葉中学・高校吹奏楽部・・・右の2人が二刀流。ペットを吹いてる子の足元にトロンボーンがベタ置き(笑)。誰かスタンド買ってあげて!

 

 ↑ 美国中学校吹奏楽部・・・右端のキーボード(ベースライン)はどう見ても先生。指揮者はおらず先生がプレーイングマネージャーか?

 

 ↑ 蘭越中学校吹奏楽部・・・左のペットも鉄琴と掛け持ち。トロンボーンがイケてた。先生が奇麗だった(笑)。

 

 ↑ 倶知安高校吹奏楽局・・・全員女子。一番右はバリトンサックス。体力いるよ〜。

 

 ↑ 小樽商業高校吹奏楽部・・・我が母校、そしてブラバン後輩たち。一昨年の開校100周年記念事業でOB会から楽器購入費を贈呈させて頂いた。ティンパニィが光る!

 

 ↑ 朝里中学校吹奏楽部・・・いつも朝里の町内行事でお世話になっている。エレキベースはいい感じ。ドラムもリズミックでした。

 時間の関係でここまでしか見られなかったが、来年も見に来たい。

 

 ※ 星野源の「恋」を演奏したのが4チームあり、昨年の人気を裏付けしていた。後志吹奏楽フェスティバルも今年で14回目と定着してきた。まだまだ続いてほしいと願う。

 

| 音楽関係 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Beatlesが(小樽に)やって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

A Hard Day's Night!

 夏の定番、音楽de街おこし隊(隊長〜横田、部下無し)主催の「ビールを飲みながらビートルズを聴こう」が開催された。

 札幌キャバーンクラブとグリーンフィールズモーニングが共演、ビートルズサウンドが小樽を震撼させた。

 

 ◆反省点=遅く来られた方が席が無くなり、怒って帰られた。例年、スタンディング(立食)形式だったが、皆さん椅子を探し出して(?)座られるので、今年は最初から椅子を用意したのが逆に作用した。来年は運営を考えなければ・・・。

 

↑緒方命二さん率いるキャバーン!成岡(B)、塩尻(Dr)、緒方(G)、川尻(G)の各氏。

 

↑方やグリモ!手前から阿部(B)、丸勢(Dr)、秋田(G)、リーダ佐藤(G)の各氏。

 

↑お二人とも、いい顔してますね〜。

 

↑保雄クン、熱唱!

 

↑おじさん(隊長)もベンチャーズで参戦!

 

↑ベンチャーズもう1曲、望洋台のノーキー小川さん。ギターにはノーキーの本物のサインが!

↑インターバルではsanaちゃん、keiちゃんによるダンス指導。曲は「真っ赤な太陽」だ〜。

 

↑フィナーレは両バンドと会場が一緒になってツイスト&シャウトを文字通り絶唱(シャウト)。

 

↑久しぶりに会った昔の仲間。道警ランナーズのお嬢様たち。

 

 ※小樽を音楽で盛り上げたいと思い、もう16年ほどやっている。楽しんでくれる皆さんを見ると疲れも吹っ飛ぶ。が、人数が増えるにつれて前述の問題点も出てくる。食事が当たる人、当たらない人が出ないようにしっかり運営せねば。

 

 

 

 

 

| 音楽関係 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年もやります!ビール&Beatles

 次の日曜日、三幸のビールタンクを空にしよう。運の強い人は抽選会で「朝里川温泉ペア宿泊券」が当たるよ。

 

 3,000円で生ビールなどが呑み放題。2バンドのビートルズサウンドが聞けて踊れて景品まである。おまけに横田のベンチャーズも聞ける(?)。こんなイベント他にはない!皆さん来てね。

 

 

 

 

| 音楽関係 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
和製ベンチャーズ、テケテケサウンドが映える

 ベンチャーズの音楽が聞けるというのでレノン・センスへ。いたいた「ドン市川」「ノーキー小川」そして「ピンキーちゃん」。

 

 小川さんは自動車学校の元校長。望洋台町会なので旧知の友人。市川さんは本物のベンチャーズが命名した(これ本当です)という「北海道ベンチャーズ」のサイドギター。ベースとドラムは初対面。

 

 ピンキーちゃんはキーボードリストだが、今回はヴォーカルでゲスト出演。ベンチャーズ作曲の「京都の恋」「雨の御堂筋」などを熱唱。やっぱり昔のサウンドはいいね〜。

 

 

| 音楽関係 | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スタンウェイの音色、マリンホールに響く


 野瀬栄進(ピアノ)、奥野義典(サックス)、武石聡(パーカッション)のOtaru Jazz Waveを観に行った。

 忙しくて前売り券を買えずにいたが、何の根拠もなく「当日券で大丈夫」と自分に言い聞かせてホールに行くと「当日券は売り切れました〜」のアナウンスが・・・!やっちゃった〜(涙)。

 あきらめかけて帰ろうと道新小樽支社の付近まで行ったが、久しぶりに松尾ジンギスカンで飲んでいこうと思い立ち、反転して店へ向かったところ、向こうから野瀬さんが歩いてくるではないか!手持ちのチケットを譲ってもらって無事、入場できることに!

 あのままJR駅に向かっていたらこの奇跡の遭遇は無かった。もちろんチケットもゲットできなかった。運命の赤い糸(?)を感じる(笑)。

 菁園中のブラバンも出場、同校の加藤顧問や事務職員の赤沼さんとも挨拶でき気合を入れて音楽に浸った。演奏中は撮影禁止なので舞台の写真はないが、終了後にハイパチリ。


↓こちらは深夜の打ち上げ。今日も大変よく呑みました!横田の眼が完全に死んでいる。



 
| 音楽関係 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!〜本物ではありません(笑)
 毎年、8月にやっている下記イベント、今年はバンドの都合で9/6(日)となった。昨年に引き続き、「キャバーン倶楽部バンド」と「グリンフィールズモーニング」の競演だ。

 小樽の夜をビートルズサウンドで震撼させよう!

 ◆と き:平成27年9月6日、17時〜
 ◆ところ:ニュー三幸 4F
 ◆料 金:3,000円(当日券3,500円)

 たくさん来てね!



 以下は昨年の状況!

 ↑キャバーン倶楽部バンド。右から2人目がリーダー、緒方命二さん!


 ↑グリモ(Green Fileds Morming)右端ジョン役がリーダー佐藤クン!


 ↑ゲストギタリスト(?)シャツがいいでしょう!

 
| 音楽関係 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
幻のサザン、見たかったぁ〜(涙)


 サザンオールスターズの札幌ドーム公演が抽選で当たり楽しみにしていたが、足の怪我で断念した。

 6/7のコンサートだったが、翌日8日が手術。さすがに痛みに耐えられなかったのと、大混乱の場に松葉杖で出かける勇気は無かった。

 誰か代わりにとも思ったが、最近のチケットはダフ屋対策が厳しく免許証など写真入りの本人確認書類が必要。払い戻しも手続きが面倒なので断念し、チケット代9,000円は煙のごとく消えてしまった。

 また観れる機会も来ることだろう。それを信じて仕事に精を出そう。
 
| 音楽関係 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビートルズがやってくる ヤア・ヤア・ヤア(本物ではない。念のため)


 毎年、開催している「ビールを飲みながらビートルズを聴こう!」を今年も8/10に開催する。

 札幌で勤務した時、キャバーン倶楽部(ススキノ・ライブハウス)が好きでよく行っていた。小樽のビートルズファンにも彼らの演奏を聴いて欲しくて始めたのが発端。今回で12回目かな?

 今年はグリーン・フィールズ・モーニング(通称グリモ)が競演。ビートルズの中期、後期も聴ける。ひょとしたら番外で「ホテルカリフォルニア」が聴けるかも。

 会費も10年ほど3,000円で値上げしていない(笑)。飲み放題で生バンドが聞けて、ちょっとした料理も出る。抽選会ではTシャツやホテルのペア宿泊券も当たる。こんな安いイベントは他には無い!

◆日時:8/10(日)17:00〜
◆場所:ニュー三幸 4F
◆料金:3,000円(当日3,500円)
◆ご希望の方は090-3111-5093(横田)に予約すると、前売り料金で取り置きします。当日、受付で清算願います。






 
 
| 音楽関係 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
魂を揺さぶる歌声〜長谷川きよし生ライブ


 音楽居酒屋「一匹長屋」で標記のライブが。某ミニコミ誌で演奏予定を見て即予約、ぎりぎりで入手できた。一番前の席が偶然にも一席空いていてそこへ滑り込み、何と長谷川さんまで3メートル!

 まずはサンバで華麗なギターテクニックを披露。サンバといえばリズミックな曲ばかりと思っていた私だが、サンバにもバラードがあるという。2曲目はそのサンバ・バラード。

 そして3曲目、いきなり「別れのサンバ」だ。目の前であの名曲が「生」で聴けたのだ。凄いの一言。「黒の舟唄」「愛の賛歌」「夜はやさし」・・・その後の2時間、長谷川きよしの世界に浸りきった。彼に打ちのめされた一夜だった。


YouTube↑ ★パーカッションのお姉さんも凄い!

演奏終了後、握手をして頂いた。↑YouTubeと同じシャツでした。


 CDを購入するとサイン色紙を頂ける。65歳の年齢を感じさせないエネルギッシュな長谷川さんでした。

 
| 音楽関係 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ポール日本公演〜アウト・ゼアー ジャパン・ツアー


 平成25年11月18日(月)、開演2時間前に東京ドーム前で入場者の列に並ぶ。私と同年代の人が圧倒的に多いが、中には若いカップルや子供連れの人達も。東京公演1日目の状況クリック


 ブラックスーツを着た男女のスタッフが、席まで案内してくれる。会場設営・運営も素晴らしい。私はアリーナ席の右側B14ブロックで比較的前方だ。チケットを取ってくれたI君に感謝。携帯、スマホでの写真撮影はOK!ポールの計らいと聞いた。


 開演時刻の19時になるが、ステージ上は誰も出てこない。待つこと10分、遂に、遂にあのポールマッカートニーが登場!手には当然ながらヘフナーのベース。オープニングは「エイトデイズ・ア・ウイーク」だ。会場の興奮は最高潮に・・・。あれっ、何故か目に水分が、肌は鳥のようにボツボツに・・・。
 


 その後はもうあまりよく覚えていない。翌日のテレビでは39曲と言っていたが37曲らしい。観客はオールスタンディング。体を揺さぶりリズムをとりながら、ポールと一緒に大声で歌いまくる。バラードではどんな小さな音も聞き逃さないように静寂に包まれる。観客とポールが一体となった最高のコンサートだ。

 舞台演出も凄い。「死ぬのは奴らだ」では爆音と炎で大迫力。よくあれだけ火薬を使えたものだ。「ヘイジュード」の大合唱で一応は終了。アンコールには、日の丸とユニオンジャックを振って登場、「イエスタディ」をギター1本で奏でる。本当の最後は「Golden Slumbers」からのメドレーでおしまい。バンドはもちろん音響・照明・映像・効果のすべてにおいて世界最高峰のステージだった。ポールは71歳、3時間歌いっぱなし。キーも当時のものから下げていないとか。化け物ミュージシャンだ。

 私の前席は30代の両親と男子小学生2人の4人家族。下の子は小学一年生だがチケット代は大人と同じ16,500円。父親は子供を強く抱きしめて曲に合わせる。母親は横で踊りまくる(笑)。こういう家族がいることに感激。音楽の持つ「凄さ」に身を震わせた時間だった。

 ポールに憧れ、ヘフナーの左用ベースを買った市の職員がいる。Mさん、演奏は出来るようになっただろうか?
 ポールに、そしてビートルズに乾杯!



 

| 音楽関係 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |