■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。 Gポイント

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

なぜ迫氏を支援するのか〜市民からの質問に回答

 

 先日、市民の方から自民党小樽支部に対し、以下のような質問を頂いた。同様の疑問をお持ちの方もいると思うので返答を記載した。質問中「パーティー券販売」とあるが「購入、引き渡し」で販売はしていない。

 

1 「パーティー券販売に絡んだ同氏(迫氏)を何故支援するのか」について
 

 ご指摘のパーティー券事件では、部長職等11人が刑事罰、公民権停止、懲戒処分を受けております。また、市は司法で違法性がないと判断されたそれ以外の108人の管理職に対し、市独自の措置として文書厳重注意、訓告を行っております。

 

 迫氏はこの108人の中の一人で、自分用として券を購入し、その他、上司から部下への引き渡し役を果たしたことが事件に関与したとして、懲戒処分(免職、停職、減給、戒告)に至らない「措置」としての訓告を受けました。同氏も否定はしていませんし、深く反省しています。一方で、その後、総務部長に就任した同氏は、この問題に正面から向き合い原因究明、再発防止策策定、市民・議会との信頼回復に向け職員の先頭に立ち取り組みました。

 

 我が党は、迫氏が既に正規の措置を受け、反省していること、再発防止に向けた「コンプライアンス室」の設置など市役所の信頼回復に向けた取り組みの先頭に立ったこと等から本件については支援の妨げにならないと判断したものです。

 

 我が党は「一度、過ちを犯した者には、一生様々な機会を与えられない」という考えには立ちません。前市長は100余人の措置を受けた職員を本件について批判することなく一緒に勤務をしてきました。また副市長選任の際に、同事件で刑事訴追を受け公民権停止となった元職員を指名してきました。当時、議会で「パーティー券事件を批判していながら、関与した元職員を選任しようとするのは何故か」との質問に「その処分を終えましたので、その処分を終えたことに対して私自身が個人的に重ねて追及するということは一切するつもりはありません」と答弁しています。

 

 議会は元職員を不同意としましたが、前市長のこうした答弁は、今回、前市長側がことさらに本事件を宣伝していることとは逆行するものではないでしょうか。残念であります。

 

2 「他に秋野氏や鳴海氏もいるのに(中略)何故迫氏を支援するのか」について

 

 後段の回答は上述の通りです。前段については、迫氏支援を決定した際には、秋野、鳴海両氏は立起表明していませんでした。我が党は5月に迫氏から推薦願を受けたことから、相互に政策を検討し合致する部分が多いことから政策協定を結び6月に推薦を機関決定しました。秋野、鳴海両氏からは支援、推薦願を受けておりません。

 

 鳴海氏は日本共産党が支援を決定しています。我が党と日本共産党は根本的に政策が異なり、一緒に支援することは考えられません。秋野氏は「住民自治協議会」なるものの設置を訴えていますが本市には既に「小樽市自治基本条例」があり、情報の共有、まちづくりへの市民参加と協働を規定しています。我が党は「屋上屋」になりかねない同協議会の設置には反対です。よって政策の違いなどから、鳴海、秋野両氏を支援する環境にはありません。
 

| 議員活動 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
投票率が低下?期日前投票に行こう!

 明日は投票日。今朝の報道で投票率が低下するのではとの観測がなされた。各陣営は概ね50%台ではとの予想だ。小樽の未来をだれに託すのか、大事な選挙だ。必ず投票に行って欲しい。

 

 誰が市長になっても同じでは・・・そんなことは絶対に無い。前市長の3年間、小樽市政は停滞、混迷、後退した。強いリーダシップを発揮でき、小樽のかじ取りを任せられるのは「はざま俊哉」しかいない。彼の政策をしっかり検討して頂き、賢明な選択をして頂きたい。

 

 

 はざま候補の政策を身近に聞ける最後の「個人演説会」が、本日18:30から新光会館で開催される。多くの方に来て頂きたい。司会は横田です(笑)。

 

 

| 議員活動 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自民党小樽支部、森井側へ抗議文発出

 森井前市長の7月4日の辞意表明記者会見は、市議会を酷評し悪意に満ちた責任放棄の最たるものであった。我が自民党は到底容認できるものではないという態度のもと、以下の抗議状を森井サイドに送付した。性懲りもなく違法のぼりを掲示しての政治活動なるものも実施しているが、法を無視した許せない行為である。こういう輩に絶対に市政を任せるわけには行かない。

 

 議会がいじめるから民意を問う???。お子様みたいな泣き言を言うな!あなたは40代半ばの大人なんだろう。

 公開討論会を拒否?その理由が「市の処分を受けた人と同じテーブルに付けない」だと。自身は高島漁港の不正許認可で、減給処分を自ら申し出ている。迫氏の訓告処分よりはるかに思い処分を望んでいるのにどう説明するつもりか?そのような理由なら堂々と討論会に出席し、その理由を主張すればいいことである。そんなことを述べれば、袋叩きにあうことであろうが・・・。

 

 告示まで後数日となった。小樽の未来を決める極めて大事な選挙だ。辻立ちで頭を下げ続ける人が本当に小樽のことを考えているのか、市長になりたいだけのための行動なのか、小樽市民の民度が問われる選挙だ。経済発展なくして小樽の未来は無し!森井氏には全くなく、迫氏は重要政策としている政策だ。公開討論会で、大いに議論して欲しい課題だが、結局逃げの一手で拒否する姿勢は空しく淋しいものとしか受け取れない。抗議状に対して反論、謝罪を強く求めるものである。

 

抗議状→クリック

 

 

| 議員活動 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
議会、空転につぐ空転〜市長の「のぼり旗」公選法違反

のぼり、法抵触のおそれ〜北海道新聞記事

 

 6/18、予算特別委員会で市長が使用している「のぼり」について質問した。のぼりには「森井ひであき」と個人の氏名のみを大書きしている。明らかに公選法143条16項違反だ。小樽市選挙管理委員会も「使えない」と明言し、市長に直接注意したことを明らかにした。

 

 市長は独自の解釈で「他の市町村でものぼりを持って政治活動している人がいる。何らかの根拠があるはずだ」として職員を使って調査しているという。全く理解できない。他の政治家も違反行為をしているだけなのだから。

 

 ◆違反の指摘があるなら、疑問が解消されるまで掲示はしない。

 ◆法に抵触しないのぼりを作成する。

 

・・・これで終わる話だ。議会終了後にでも調査とやらを行えばいいだけで、議会中を空転させる必要は全くない。まさに究極の税金の無駄遣いだ。正気の沙汰ではない。

 

 迫氏ものぼりを掲示して政治活動をしているが、そののぼりは全国市区選挙管理委員会連合会(東京)に確認して「指摘無し」とお墨付きをもらった合法のぼりだ。市長も研究するなり照会するなりすればいいのだが、すべて職員にやらせている。

 

 合法とされるのぼりの要件を記載する。

「政党等演説会告知のぼり」

 ◆弁士は複数

 ◆弁士は扱いを同様に(どちらかの面積が大きいのはダメ)

 ◆弁士に係る面積が政党部分の面積を超えないこと

 ◆弁士のすべてが同一選挙の同一選挙区の候補者等でないこと

である。

 

 政党等の記載がなく個人の氏名のみの「のぼり」は誰が何を言おうが違反なのだ。肝に銘じてほしい。

 

 

| 議員活動 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小樽運河ロードレース30回記念大会〜ワイナイナ選手がゲスト

 6/17、小樽走ろう会は運営スタッフで活躍。一部レースに参加したメンバーは好成績(笑)。今年は孫の5年生が2キロを走った。

 毎年恒例の森野先生(娘の高校の担任)とのハイポーズ。先生は小樽後志陸上競技協会所属の陸上審判員だ。

 娘の旦那さんと私のカミさんが加わりハイポーズ。旦那も走ろう会の会員だ。孫も入会予定(笑)。

 

 

| ランニング | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
副市長選任案を不同意〜小樽市議会

 6/14、前総務部長の前田氏を副市長に充てるとする議案第10号「小樽市副市長の選任について」を同意少数(中村岩雄、石田博一〜いずれも無所属)で不同意とした。自民、公明、立憲市民は不同意、共産と安斎議員は棄権した。

 

 市長は「不同意の判断は理由なき反対で、市民や職員のことを考えての判断とは思われない」などとコメントしたが、全く事の重大さをわかっていない談話だ。

 

 不同意の理由は各会派とも十分に述べた。市長は聞いていなかったのか、議場で寝ていたのだろうか?議会は副市長の早期の選任を求めた。不在が長期間に及べば市政に影響があるため当然に選任を迫った。しかし「誰でも良い」ということでは全くない。前田氏の人格や人間性を否定するものではないが、その業務遂行をみるに副市長の任を背負うには疑問があると判断した。

 

 以下、当日私が行った「討論」を記する。(pdf)

 

 

 

| 議員活動 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
洞爺湖マラソン、10キロ完走〜ワーストタイム(笑)

 5/20、標記大会に出場。タイムは69分54秒と1キロ7分ペース。死にそうになってゴールした。今年の初レースだが、10キロのタイムとしてはこれまでのワースト記録(笑)。8月には北海道マラソン(フル)にエントリーしているのに、先が思いやられる。

 

 洞爺湖温泉は今年100周年。6,700人が参加し温泉街はランナーで活気づいた。応援や観光客などを含めると、この日は1万数千人が街にあふれた。経済効果も相当あったように見られた。

 

 小樽運河ロードレースも今年は例年を大きく上回る3,800人がエントリーしている。30回記念でエリック・ワイナイナがゲスト走行。ハーフの最後尾からスタートし、ごぼう抜きで走るという。果たしてトップはとれるか?

 

 

| ランニング | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あのGibsonが破綻〜若者のギター離れか…

 多くの有名ギタリストが使用したレスポール。メーカーのギブソン社が経営破綻した。フェンダー社と人気を二分していた同社だが昨今のギター離れの影響か、売上が不振だったという。

 

 ギター小僧には憧れのギブソン!朝里川温泉のガラス工房「スタジオ j45」はアコースッティクの名器j45を店名にしたという。店主の馬場雅己氏は自身もギタリストで、店内にはj45が展示されている。経営再建を目指すとのことなので頑張ってほしいものだ。

 

 

 

| 日記 | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
敬礼が可愛い〜小樽海洋少年団入団式

 4/29、海洋少年団の入団式。私は同団の顧問を仰せつかっている。貴重な新入団員は小学1年、2年各1人ずつの2名。総員で11名になる。

 

 団長から式辞があり団員手帳を受領するが、その前後の「敬礼」が可愛い。最盛期には200名以上の団員がいたという。今は少数になってきたが、「海の街おたる」の象徴である海洋少年団。さらなる発展を期待する。

 

 日の丸の真ん前に位置どるのは安斎哲也議員。何と(?)少年団の水泳指導者だという。小樽水泳連盟の会長ですものね!

 

 

| 議員活動 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポーツ議連誕生、小樽のスポーツ振興を目指して

 小樽市議会スポーツ振興議員連盟の設立総会が開催され、会則、役員の承認を経て設立が確認された。

 会長に安斎哲也(無所属)、副会長に千葉美幸(公明)、事務局長に不肖、私横田が選出された。

 

 議連の事業として、

 

第三条 この会は、前条の目的を達成するために次に掲げる事業を行う。
(1) 小樽市のスポーツ団体が行う競技、指導その他選手強化の推進に関すること。
(2) 市内スポーツ施設の充実強化の推進に関すること。
(3) 前二号に掲げるほか、小樽市スポーツ振興及び強化のための各種事業の推進に関すること。

 

を確認した。

 

 また今後の活動方針として

1 小樽体育協会との意見交換
2 小樽市スポーツ振興施策の調査・研究
3 スポーツ施設の現況・状況調査
4 上記2,3の活動のための部会設置
5 その他スポーツ振興全般にかかわる政策提言
の5点を推進することを全会一致で了承した。

 

 他のメンバーは写真の通り(笑)。

 

| 議員活動 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |