■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

議会交際費の執行と公開(市長交際費との比較)

 

【予算と執行】

 6/15付け北海道新聞朝刊、小樽市内版に「市長交際費 視界不良」との記事が掲載された。平成28年度の市長交際費は予算75万円を23%オーバする92万円余が支出されている。

 

 議会にも交際費があり昨年度の「議会交際費」は、予算44万円に対し356,798円(執行率81%)と予算内に収まった。

公開している平成24〜28年度中、24年度は41万余となったが、多年度はいずれも30万円台である。

 

 もちろん市長と議長の交際範囲は比較にならないだろう。その意味で金額の過多は別として、予算編成、執行については増減について見直しが必要と思われる。

 

【公開期間】

 市長交際費〜年度別でなく月別で13ケ月

 議会交際費〜年度別で24年度から29年度まで5年2カ月

 

【公開内容】

 道新は市長交際費について「内訳をすべて明らかにしていない」と指摘している。例えば平成29年1月は「会費14件、71,000円〜小樽市校長会・教頭会新年懇親会ほか」としか記載されておらず、いつ、どこに、いくら支出したのか不明朗だ。

 

 秘書課は「HPの仕様の都合で掲載できるスペースが限られ、見やすさの観点から例示方式を決めた」としているが、今どきの大容量サーバーの時代に容量不足は陳腐な言い訳にしか聞こえない。また市民が関心があるのは「見やすさ」ではなく「どこにいくら支出したのか」という「使途明細」だろう。

「〇〇ほか」と記載するのは「他の支出を見せたくないのでは」と勘繰られてもしょうがない。

 

 議会交際費はその使途について、「区分」「金額」「内容」を支出月日ごとにすべて掲載している。いつどこに支出したかは明快にわかるようにしている。

 

 ◆市長交際費公開ページ→クリック ◆議会交際費公開ページ→クリック

 

 道新記事は「専門家は『情報の一部公開などは、市長の外部との付き合い方に関して合理性が疑われかねない』と問題視している」と記述している。

 

 今議会でも一部市長交際費に関する質問があった。今後の予算委員会でも議論が深まる可能性がある。

 

 

| 議員活動 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「吏道」はどこへ・・・第2回定例会 代表質問から

 新議長(鈴木喜明氏)が本格デビューし6月12日、13日と会派代表質問が行われた。1日目は自民党(中村吉宏議員)と共産党(酒井隆博裕議員)。2日目は民進党(佐々木秩議員)と公明党(斉藤陽一良議員)が執行部を質した。

 

 高島漁港における観光事業者への許認可、除排雪業務、第3号埠頭の国際旅客ターミナルビル整備先送り、議会への対応、地域公共交通対策など様々な議論がなされたが、答弁に窮する場面も多くみられた。

 

 斉藤議員が「議会事務局職員の異動」について「任命権者である議長と協議したのか」と質したのに対し、「協議は整った」と断定した答弁が行われた。私は議事進行の発言で「協議というのは双方が理解・納得して初めて合意したと言える」「一方(私)が協議が整っていないとしている以上、市長発言は正確ではない」と指摘した。

 当事者の副市長は「理解されたと思い市長に協議は整ったと報告した」と自論を展開したが、一時空転後に答弁を一部訂正した。

 参照:小樽ジャーナル〜1日目2日目

 

 何れにしても全般を通じて「私は正しい・・・」レベルの答弁で、明確な根拠に欠け疑問の解消にも程遠いものであった。市長は「議会とは政策議論をしたい」などと言っているが、議論に入ると「検討中」「調査中」「財源が不足」などを連発し、議論が深まらない。

 

 「吏道」(りどう)という言葉がある「官吏として守るべき道」を指す。上述の明らかにおかしい許認可や政策の変更、議会対応などについて、副市長をはじめとする一部職員は本当に心底、公務員として誤った道を歩いていないと言えるのか?

 城山三郎の小説「官僚たちの夏」。主人公の通産省官僚は「俺たちは国家に雇われている。大臣に雇われているわけじゃないんだ」(参照〜毎日新聞「特集ワイド」)

 

 小樽市に当てはめれば「俺たちは地方公共団体たる『小樽市』に雇われている。市長に雇われているわけじゃあないんだ」と置き換えられるか?小樽市を支えているのは自分たちだという強烈な自負心を見せて欲しいものだ。

 

  

| 議員活動 | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小樽市議会、新議長に鈴木氏を選出

 小樽市議会第2回定例会初日の6/6、私の議長辞職と新議長の選挙が行われ、自民党の鈴木喜明氏が選任された。

 まずは平成31年4月までの2年間、議長職として議事運営ほか各種の業務を行うことになるが、健康に留意して激務を全うしてほしい。

 

 6年間を振り返ると様々な事態が発生し、それに対応しながら多くのことを学んだ。後半4年は全国市議会議長会や全道市議会議長会の役職にも就かせて頂き、各地の議長と交流することが出来た。私の人生で最も貴重な期間であった。

 

 今後は一議員として市政発展のため意見を申し上げ、地域住民の要望意見を吸い上げて政策提言に生かしていきたい。議会改革も道半ばだ。新議長を皆で支えて議会としての権能をしっかり堅持していきたい。

 

 森井市長は2年間のご自分の採点を「100点」と表明した。自分の行動に1点のマイナスも無い人間などいるだろうか?

 

 私の自己採点は、月並みだが50点。想いがうまく実現したこともあったが、反省点も多かった。事務局職員や同僚議員のおかげでこの点数がとれたのだと思う。今後、1点でも点数を増やせるよう精進する。

 

↓議長退任直前の議長室で中村吉宏議員と2ショット

 

| 日記 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宅配ボックスを自作〜再配達を少なくする

 昨今、宅配業者の再配達が問題になっている。再配達の割合は20%に上るという。

 福井県あわら市は共働き家庭が多いため再配達率は49%と高率だったが、実証実験で100戸に「宅配ボックス」を設置したところ再配達率は一挙に9%になったという。

 

 再配達はドライバーの負担を増加し、生産性を落とす。さらには排気ガス等による環境汚染も進む。国交省も対策に乗り出し、1回受取にはポイントを付与する、コンビニ等での受け取りシステムを強化する・・・等の提言がなされている。

 

 自宅に写真の自作宅配ボックスを設置した。使用したボックスは18リットル灯油タンクが4個入る物を使用。蓋にバックルがあり鍵を通して金属ワイヤーで盗難を避ける。

 中には朱肉いらずの印鑑を入れておき、受領印として押印してもらう。ワイヤーを切られれば盗難は避けられないが、そこまで心配してもしょうがない。設置から2週間ほどだがこれまで10回ほど使用された。

 

 宅配ドライバーからは感謝されている(勝手に思っている〜笑)。ネット通販の利用が増えているこの頃、皆さんも如何!

 

  

| 日記 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
後志総合開発期成会定期総会〜新会長に山本共和町長が就任

 1市19町村の首長、議会議長で構成する「後志総合開発期成会」は、後志地域の開発促進のため各種要望活動を実施し、その実現を目指すために諸活動を実施している。

 

 前会長だった宮谷内蘭越町長が勇退されたため会長は空白であったが、5/9の定期総会で山本栄二共和町長が新会長に就任した。

 今後、6部会(農林、水産、建設、運輸、商工観光、文教厚生)に分かれ、それぞれが有する課題解決のため要望活動を実施していく。

 

 小樽市長は同会の副会長に、小樽市議会議長は同理事に選任されている。また市長は水産部会、議長は商工観光部会に割り振られている。5/24,26日には道内要望、6/1には中央要望が予定されている。

 

 先日、決定された「小樽ジャンクション・フル化」に関する要望も本期成会で粘り強くお願いした結果でもある。今回、「クルーズ船の受け入れ環境の改善・整備」も新たに加えられた。後志管内町村との強い連携強化に向け活動を強化していく。

 

 

| 議長日誌 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
国民の祝祭日には国旗を揚げよう

 翻(ひるがえ)る日の丸。5月3、4、5日の連休中に望洋台ではためいていた国旗だ。知人のU氏(JA8A**)のアマチュア無線アンテナタワーに揚げた国旗が、強い風を受けてはためいていた。

 

 私(JA8XKB)も必ず掲揚するようにしているが、時にはカミさんに揚げ忘れを指摘されることも(笑)。子供のころは周囲の家がどこでも国旗掲揚していたが、この辺で掲揚している家も少ない。いつから「ハタビ」が廃れていったのか。

 

 公的機関は通常、開庁から閉庁まで国旗を掲揚する。公職である議員も自宅に掲揚することが望ましいと思う。因みにホームセンター等で3,000円程度で販売されている(笑)。

 

 

 

| 日記 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7日まで。狸二条酒祭り〜札幌創生川公園デビュー

 日本酒を5種類500円で呑み比べ(利き酒)するという大胆発想のイベントが。会場では、

千歳鶴、大雪乃蔵、北の誉、国士無双、北の錦、男山、国稀、福司、北の勝、宝川、金滴、二世古といったお酒がお客を待っている。もちろん螺や牡蠣の焼き物、串揚げ、野菜肉巻き串、真たら白子天ぷらといったお酒のつまみもフル出場。

 

 カミさんはビールだったが夏はこちらも大盛況。酒はいいね〜、初めて会った隣の席のご夫妻や若いお兄ちゃんともあっという間にお友達に。

 

 来年は孫連れで来たいものだ。

 

 

 

| 日記 | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
67歳の誕生日、大台まであと3年!

 昭和25年の今日、小樽で生まれた。アクシデントもあったけれど何とか健康に過ごしている。

 人生で一番厳しかったのは、やはり胃がんが発見され、全摘手術を受けたこと。医学も日進月歩で進化しているものの、やはり「癌」という響きは心に痛かった。

 

 職業も数度変わっている。菓子メーカー、ダスキン、電話工事、トラックドライバー、警察官、個人事業主、そして議員。それぞれの節目で関係者や家族に迷惑をかけた。でも後悔はしていない。「人生は一度きり」・・・。悔いの無いように生きよう。

 

 おまけ:67歳の芸能人・有名人→クリック

 

 

| 日記 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
銘酒「みむろ杉」を堪能する

 既報(笑)の「みむろ杉」体験情報アップの後、さらに入手して美味しく頂いた。

 

 今回は「みむろ杉 浪漫シリーズ 雄町」という種類で口触り、喉越しは最高だ。

 酒はやめられそうにないが今朝の毎日新聞に「適量つい超すアルコール」なる記事が!記事曰く「お酒は酔うためのものでなく、味わうためのもの」・・・耳が痛い。

 記事では東大生が「飲み放題ではなく、ご馳走プラスお酒2杯」の「ごち会」を発案し、学生街にある14の飲食店が賛同し、提供しているという。

 

 「飲み放題で何杯飲むか?」とのインターネットアンケートに、「適量は3杯」が最も多かったという。私も3杯くらいを適量としたい。と言いながら実はもう一本、みむろ杉の最高品種を贈って頂いた。封を開けられるのを待っている(笑)。いつも有難うございます。

 

 

 

 

| 日記 | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
男子会、大いに吠える・呑む

 3/24、朝里クラッセホテルで写真のメンバーが集まり、通称「男子会」が開催された。私は他の会合とぶつかり、遅れて参加。皆さんもう出来上がっていた(笑)。

 

 絵本・児童文化センター理事長の工藤氏が企画立案、私は2回目の参加だ。ご覧のように女子は一人もいない(当たり前だろう!)。

 

 部屋着を着ている方はその晩、泊りで、恐怖の二次会があるという。私はすごすごと退散した。

 先日、小樽市職員を退職された迫 俊哉氏も初参加。元気な姿を見せてくれた。来年は「泊り」に挑戦してみようかな?

 

 

 

 

| 日記 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |