■小樽市議会ネット中継実験サイト■


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

似顔絵またはここ↑をクリックして
 ブログtop(最新記事)へ行こう



横田ひさとしの議会質問と答弁をキーワードで検索できます。

質問項目・年度からの検索はこちら

横田へのメールは→yokota@otaru.org

そこまで言って委員会〜須田慎一郎氏が講演

 小樽信用金庫の創立95周年を記念して行われた「記念講演会」。テレビでおなじみの須田慎一郎氏が講師として出演(?)した。

 

 演題は、経済がいつ回復するのか、今後どのような状況になっていくかなど、経済問題を中心に90分、独特の話法で話された。

 

 氏によると、「景気が良い、というのは普通に働いていれば懐が温かくなる」ということだと言う。それでは景気の回復はいつ頃見込まれるのかとの答えは、「皆さんが現職のうち、或いは生きているうちには景気は回復しない」と結論付けた(笑)。

 

 その他、「トヨタ」や「洋服の青山」「餃子の王将」などの企業を例に挙げ、今後は新しい視点で企業経営していかなければ負け組になってしまうと訴えた。

 

 独特の視点、観点からの一億総活躍社会やトリクルダウン理論の解説は新鮮だった。毎年のこの講演会が楽しみだ。

 

※ トリクルダウン→「徐々にあふれ落ちる」という意味で、大企業や富裕層の支援政策を行うことが経済活動を活性化させることになり、富が低所得層に向かって徐々に流れ落ち、国民全体の利益となる」とする仮説である。

 

 

| 議長日誌 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Beatlesが(小樽に)やって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

A Hard Day's Night!

 夏の定番、音楽de街おこし隊(隊長〜横田、部下無し)主催の「ビールを飲みながらビートルズを聴こう」が開催された。

 札幌キャバーンクラブとグリーンフィールズモーニングが共演、ビートルズサウンドが小樽を震撼させた。

 

 ◆反省点=遅く来られた方が席が無くなり、怒って帰られた。例年、スタンディング(立食)形式だったが、皆さん椅子を探し出して(?)座られるので、今年は最初から椅子を用意したのが逆に作用した。来年は運営を考えなければ・・・。

 

↑緒方命二さん率いるキャバーン!成岡(B)、塩尻(Dr)、緒方(G)、川尻(G)の各氏。

 

↑方やグリモ!手前から阿部(B)、丸勢(Dr)、秋田(G)、リーダ佐藤(G)の各氏。

 

↑お二人とも、いい顔してますね〜。

 

↑保雄クン、熱唱!

 

↑おじさん(隊長)もベンチャーズで参戦!

 

↑ベンチャーズもう1曲、望洋台のノーキー小川さん。ギターにはノーキーの本物のサインが!

↑インターバルではsanaちゃん、keiちゃんによるダンス指導。曲は「真っ赤な太陽」だ〜。

 

↑フィナーレは両バンドと会場が一緒になってツイスト&シャウトを文字通り絶唱(シャウト)。

 

↑久しぶりに会った昔の仲間。道警ランナーズのお嬢様たち。

 

 ※小樽を音楽で盛り上げたいと思い、もう16年ほどやっている。楽しんでくれる皆さんを見ると疲れも吹っ飛ぶ。が、人数が増えるにつれて前述の問題点も出てくる。食事が当たる人、当たらない人が出ないようにしっかり運営せねば。

 

 

 

 

 

| 音楽関係 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016 ゆらぎトレイルラン in 朝里川温泉のご案内

 トレイルランに模様替えして3回目の大会。スキー場のゲレンデやロード、そして木に囲まれた林道など約12キロを走る。

 昨年参加者は120程度と小さな大会ではあるが、紅葉を楽しみながらランナー、地域住民が交流する。

 

 お楽しみ抽選会では朝里川温泉組合が提供する「ペア宿泊券」が数点あたる。皆で参加しよう。

 詳細はホームページで→クリック

 

 

 

 

| ランニング | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年もやります!ビール&Beatles

 次の日曜日、三幸のビールタンクを空にしよう。運の強い人は抽選会で「朝里川温泉ペア宿泊券」が当たるよ。

 

 3,000円で生ビールなどが呑み放題。2バンドのビートルズサウンドが聞けて踊れて景品まである。おまけに横田のベンチャーズも聞ける(?)。こんなイベント他にはない!皆さん来てね。

 

 

 

 

| 音楽関係 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道マラソン、25キロ関門でタイムアウト

 本当はここに私の写真が載る予定だったが、代わりにカミサンが・・・(涙)。

 

 昨年は骨折で欠場したが、今年は足首にプレートが入ったままでエントリー。スタートラインには立ったものの25km地点で関門を通過できずリタイア、毎度のことだが練習不足を痛感した(懲りない男だ)。

 

 これで2年連続記録なしなので一から出直しだ。心機一転、酒を控えて練習だ〜。

 

 因みに北海道マラソン30周年を記念して道内179市町村から代表選手が出場したが、我が小樽市からは市職員の渡邊氏が出場、見事サブスリー(2時間55分12秒)の好成績でゴールした。

 

 ばっちゃんの記録が道新に載った。1位の前田さんも余市町代表。

 

| ランニング | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石狩LNG基地のタンク建設工事、屋根上げ作業を見学

 ほくでん石狩湾新港発電所で建設中の、No.3LNGタンクの屋根上げ作業を見学する機会を得た。エアーレイジング工法と呼ばれ、タンク底部で組み立てを行ったドーム型屋根を、タンク内に空気を注してその圧力で所定の高さまで浮上させる作業だ。

 

 屋根の総重量は約2,100t、これを1分間20cmの速度で35mまで浮上させる。浮上時間は3〜4時間程度で、所定の高さまで到達した屋根は頂部へ溶接固定する。天候の影響を受けず北海道のような寒冷地向けの工法だそうだ。

 

 ※LNG(液化天然ガス)---天然ガスをマイナス162度に冷やして液体にしたもの。液体の天然ガスは気体の状態に比べて、体積が600分の1となり、一度にたくさんの量を運んだり、ためたりすることが出来る。

 

 タンクの上部から下界(?)を見る。前に見えるタンクは1、2号タンク。

 

 上がってくる屋根。上昇速度は体感出来ない。ジーと見つめているとやっとわかる位の速度だ。

 

 屋根全体の様子。タンクの直径は88mだ。

 

 

| 議長日誌 | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
和製ベンチャーズ、テケテケサウンドが映える

 ベンチャーズの音楽が聞けるというのでレノン・センスへ。いたいた「ドン市川」「ノーキー小川」そして「ピンキーちゃん」。

 

 小川さんは自動車学校の元校長。望洋台町会なので旧知の友人。市川さんは本物のベンチャーズが命名した(これ本当です)という「北海道ベンチャーズ」のサイドギター。ベースとドラムは初対面。

 

 ピンキーちゃんはキーボードリストだが、今回はヴォーカルでゲスト出演。ベンチャーズ作曲の「京都の恋」「雨の御堂筋」などを熱唱。やっぱり昔のサウンドはいいね〜。

 

 

| 音楽関係 | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年の初乗り、愛車で長万部へ

 20年前のバイク(スズキGSX1100F)、いまだ健在。東京の居酒屋で知り合った小樽出身のS氏が、友人とツーリングに来るというので長万部で待ち合わせ。その後3台で小樽へ戻った。

 

 昨年は一度も跨がなかった(車検が切れていた〜笑)ので、今年は乗るぞ〜と気張ったがまだ1回だ。

 

 年とともに300kg以上あるバイクの取り回しが難しくなり、乗る機会も少なくなってきた。しかし、乗ってしまうと気分爽快。体で風を切る感覚がよみがえる。400cc位のアメリカンの中古に替えようかな?

 

 

| 日記 | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
千歳航空祭で孫たち大はしゃぎ。

 毎年恒例の「千歳航空祭」、今年は晴天下で開催された。報道によると5万2,000人の航空ファンが楽しんだ。

 孫達はパイロットの制服、ヘルメットを着用して大満足!

 

 

 圧巻はブルーインパルスの曲芸飛行。これまで雲や風の影響で中止になった時もあったが、今年はバッチリ。

 厳しい訓練を反復することによって、初めて操縦技術が向上し練度が増していく。国の防衛は主権国家の最大の課題だ。頑張って頂きたい。

 

 動画はこちら↓

 

| 日記 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
潮まつりは晴天に恵まれ大成功

 少し遅くなったが潮まつりの報告だ。

 記念すべき第50回、潮まつりは晴れ男(?)である「杉江実行委員長」の熱意が通じたのか、3日間とも好天で推移した。

 

 写真中央は小樽出身の歌手「なつこ」さん。マネージャーの阿部氏は私の同級生の息子さんだ。何と顔が小さいのでしょう。杉江委員長の半分くらいだ。ステージで何曲か歌って頂いた。

 

 今年は望洋台小学校や町会も参加した。孫とともに参加した旗持ちのばっちゃん。揃いの青いTシャツが眩しい。

 多くの市民が参加した今年のまつり。毎年、ブラッシュアップして道内有数のまつりとなって来ている。

 

 

| 議長日誌 | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |